博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 残部僅少

ジュチ裔諸政権史の研究

定価:本体 24,000 円+税

ロシアをも支配したモンゴル政権キプチャク汗国/金帳汗国の歴史を本格的に研究した日本初の専著。チンギス汗の長男ジュチの子孫に関する史料と詳細な系図を付す。

【著者略歴】
赤坂恒明(あかさか つねあき)
1968年 千葉県野田市生まれ。
1997年 早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程史学科退学。
博士(文学)

早稲田大学、聖学院大学、東海大学非常勤講師。
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
序章
第一章  ジュチ裔についての系譜資料
 第一節  『集史』と『五族譜』
 (一) 『集史』「ジュチ紀」文章系譜
 (二) 『集史』「ジュチ紀」系図と『五族譜』ジュチ分支
 第二節  『ムイッズル=アンサーブ』ジュチ裔系図
 第三節  『勝利の書なる選ばれたる諸史』「ジュチ紀」
第二章  ジュチ裔諸政権の王統と、史料についての諸問題
 第一節  ジュチ裔諸政権の王統
 第二節  系譜史料におけるジュチの諸子に関する記載
 第三節  ウテミシュ=ハージーの『チンギス=ナーマ』の史料性
第三章  成立期~十四世紀前半におけるジュチ・ウルス
 第一節  ジュチ・ウルスの分民と国家構造
 第二節  左翼―オルダ・ウルス―
 第三節  右翼― ノカイとその諸子―
 第四節  「クルムシの諸子」の万戸
第四章  十四世紀中葉以降のジュチ・ウルス―ジュチ裔諸政権の展開―
 第一節  十四世紀中葉~十六世紀初におけるウズベク―イスラーム化後のジュチ・ウルスの総称―
 第二節  「金帳汗国(キプチャク汗国)」という概念
終章

略系図
第二部 史料編 
一 アラビア語版『集史』「ジュチ・ハン紀」第一部 テキスト
二 『五族譜』「ジュチ・ハン分支」 テキスト・訳
三 『勝利の書なる選ばれたる諸史』所収ジュチ裔系譜(バト以降)校訳
四 『勝利の書なる選ばれたる諸史』所収ジュチ裔系譜(バト以降)テキスト 右
  付録 ジュチ裔系図
文献
関係地図
あとがき

著者赤坂恒明 著
発行年月日2005年02月28日
頁数746頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1497-9