博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

日本語母語幼児による英語音声の知覚・発声と学習

日本語母語話者は英語音声の知覚・発声がなぜ難しく,どう学習すべきか

定価:本体 5,000 円+税

日本人はなぜ英語が苦手か。それは幼児期から既に日本語耳になっているからである。本書は日本人幼児の音声知覚の特徴を解明し、英語習得プログラムを提案する。

【著者略歴】
湯澤正通(ゆざわ まさみち)
1992年 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期修了
      (博士(心理学))
現 在  広島大学大学院教育学研究科教授

湯澤美紀(ゆざわ みき)
2001年 広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得満了
2002年 博士(心理学)(広島大学)
現 在  ノートルダム清心女子大学人間生活学部准教授
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
はじめに
第1章 日本語母語幼児における英語の音韻処理
 第1節 本書のねらい:第2言語としての英語学習の必要性と難しさ
 第2節 年齢が第2言語の習得に及ぼす影響
 第3節 第1言語と第2言語での音韻的,韻律的特徴の違いが第2言語音声の知覚・発音に及ぼす影響
 第4節 音韻認識・言語的短期記憶による第2言語習得の予測
 第5節 本書の構成:日本語母語幼児・児童にとってどのような方法が英語の学習に適しているのか
第2章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語音韻認識と1音節英単語の反復
 第1節 音韻認識と非単語反復
 第2節 英単語の音韻認識の違いの検討(研究1)
 第3節 英単語反復の違いの検討(研究2)
 第4節 同一英単語に対する音韻認識と反復の比較
 第5節 研究1と研究2の全体的考察
第3章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語構成音素の知覚・発声
 第1節 英語構成音素の知覚・発声
 第2節 日本語母語幼児における英語のCV音節,VC音節の反復(研究3)
 第3節 中国語母語幼児における英語のCV音節,VC音節の反復(研究4)
 第4節 日本語母語幼児の構成音素の反復成績に基づく1音節英単語反復成績の予測(研究5)
 第5節 中国語母語幼児の構成音素の反復成績に基づく1音節英単語反復成績の予測(研究6)
 第6節 研究3から研究6の全体的考察
第4章 日本語母語幼児と中国語母語幼児における英語非単語の反復
 第1節 英語非単語の反復
 第2節 日本語母語幼児,中国語母語幼児の英語非単語反復(研究7)
 第3節 国際幼稚園の日本語母語幼児の英語非単語反復(研究8)
 第4節 研究7と研究8の全体的考察
第5章 日本語母語幼児を対象とした英語の多感覚音韻認識プログラムの効果
 第1節 多感覚音韻認識プログラム
 第2節 英語の多感覚音韻認識プログラムが英語音韻習得に及ぼす効果(研究9)
 第3節 英語の多感覚音韻認識プログラムの長期的実施が英語音韻習得および日本語の音韻認識に及ぼす効果(研究10)
 第4節 研究9と研究10の全体的考察
第6章 日本語母語話者の英語音韻学習への示唆と課題
 第1節 研究1から研究10のまとめ
 第2節 日本語母語話者の英語音韻学習への教育的示唆
 第3節 今後の課題

引用文献
おわりに
著者湯澤正通・湯澤美紀 著
発行年月日2013年11月15日
頁数148頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2009-3