博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

立命館大学文学部人文学研究叢書 2坂道の傾斜知覚の研究

定価:本体 7,000 円+税

縦断・横断勾配と、見かけの勾配との関係を道路や階段、斜面模型を用いて検討。傾斜知覚を規定する客観的要因を明らかにし、網膜像によって説明した画期的新著。

【著者略歴】
對梨成一(ついなし せいいち)
立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構/研究員/博士(文学)
1967年 岡山県に生まれる
1991年 東海大学教養学部生活学科生活科学課程 卒業
2001年 明星大学人文学部心理教育学科通信教育部 中退
2003年 立命館大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程前期課程 修了
2008年 立命館大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程 修了
現 在 立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構

※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
人文学叢書刊行の辞
要約
Summary
第1章 序論
 第1節 坂道の傾斜知覚研究の目的と背景
 第2節 用語の定義と単位
第2章 道路の縦断勾配の知覚に及ぼす周囲視環境と床の傾斜効果
 第1節 全視環境と観察者の傾斜の効果(実験1)
 第2節 側壁パターン(水平縞模様)とその高さの効果(実験2)
 第3節 側壁パターンの傾斜方向の効果(実験3)
 第4節 第2章の考察
第3章 近坂の縦断勾配の知覚
 第1節 近坂の縦断勾配の投影斜角とくびれ
 第2節 坂道の幅とガードレールの効果(実験4)
 第3節 近坂の側壁パターンと視野の大きさの効果(実験5)
 第4節 側壁パターンの位置と視野の白濁の効果(実験6)
 第5節 視点の高さの効果(実験7)
 第6節 第3章の考察
第4章 遠坂の縦断勾配の知覚
 第1節 遠坂の縦断勾配の投影斜角
 第2節 道路の形と近坂の効果(実験8)
第5章 斜面と階段の横断勾配の知覚
 第1節 面特性・踏面数・きめの勾配効果(実験9)
 第2節 縦断勾配と観察方向の効果(実験10)
 第3節 横断成分と視点の高さの効果(実験11)
 第4節 第5章の考察
第6章 総括

引用文献
あとがき
付録
著者對梨成一 著
発行年月日2013年03月31日
頁数224頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1983-7