博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

展望的記憶の自発的想起と無意図的想起

定価:本体 5,500 円+税
将来実行しようと意図された行為の記憶がどのようにして自発的・無意図的に想起されるのかを実証的・理論的に検討し,そのメカニズムの解明を試みた。

【著者略歴】
森田泰介(もりた たいすけ)
1973年 奈良県に生まれる
1996年 関西大学文学部 卒業
2002年 関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程 単位取得退学
     日本学術振興会 特別研究員
2005年 岡山学院大学人間生活科学部 専任講師
現在 東京理科大学理学部第二部 講師
博士(文学)
目次を表示します。
第1章 序論
 第1節 展望的記憶課題における2つの想起
 第2節 本研究の目的と意義
 第3節 本書の構成
第2章 展望的記憶課題における自発的想起に関する従来の知見とモデル
 第1節 展望的記憶課題における自発的想起に関する実験的研究の概観
 第2節 自発的想起に関する従来のモデルの概要
第3章 従来のモデルに関する批判的検討と新たなモデルの提案
 第1節 従来のモデルに関する批判的検討
 第2節 3表象モデルの提案
第4章 展望的記憶課題における自発的想起の実験的検討
 第1節 問題の設定
 第2節 自発的想起に及ぼすリマインダの効果に関する実験的検討(研究1)
 第3節 展望的記憶課題の想起過程に及ぼす注意分割の効果(研究2)
 第4節 展望的記憶課題におけるタイムモニタリングに関する実験的検討 (研究3)
 第5節 展望的記憶課題における意図優位性効果に関する実験的検討(研究4)
 第6節 展望的記憶課題における気分一致効果に関する実験的検討(研究5)
第5章 展望的記憶課題における無意図的想起に関する理論的考察
 第1節 記憶における意図,意識
 第2節 展望的記憶課題における無意図的想起の研究
 第3節 展望的記憶課題における無意図的想起の実験的研究法
第6章 展望的記憶課題における無意図的想起に関する実験的検討
 第1節 問題の設定
 第2節 無意図的想起に及ぼす利用可能な処理資源の量の効果(研究6)
 第3節 無意図的想起に及ぼす方向づけ課題の種類の効果(研究7)
 第4節 研究6と研究7の総括
第7章 展望的記憶課題における自発的想起と無意図的想起に関する調査的検討
 第1節 問題の設定
 第2節 日常場面の展望的記憶課題成績の規定因に関する調査的検討(研究8)
 第3節 日常場面の無意図的想起に関する調査的検討(研究9)
 第4節 日常場面の展望的記憶課題の遂行における回想的構成要素の関与に及ぼす加齢の効果(研究10)
 第5節 展望的記憶の無意図的想起に及ぼす個人差の効果(研究11)
第8章 今後の課題とまとめ
 第1節 自発的想起を支える無意図的想起の内実
 第2節 展望的記憶研究の課題
 第3節 全体のまとめ
引用文献
あとがき
著者森田泰介 著
発行年月日2012年12月25日
頁数170頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1964-6