博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

社会不安障害患者の安全確保行動に関する研究

回避行動に関する新たな視点

定価:本体 6,000 円+税
社会不安障害の認知行動モデルに基づいて、回避行動による社会不安の悪循環を明らかにし、それから抜け出すための介入方法について詳細に検討した画期的新著。

【著者略歴】
岡島 義(おかじま いさ)
1979年 東京都小平市生まれ
2003年 日本大学文理学部心理学科卒業
2005年 北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修士課程修了
2007年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2008年 北海道医療大学大学院心理科学研究科博士課程修了
博士(臨床心理学)取得
現在 財団法人神経研究所附属睡眠学センター研究員、同研究所附属代々木睡眠クリニック臨床心理士、東京医科大学睡眠学講座助教
目次を表示します。
第1章 社会不安障害に関する研究動向
 第1節 社会不安障害の概要
  第1項 社会不安障害はどのような病気か?
  第2項 社会不安障害の歴史
  第3項 社会不安障害の有病率と経過
  第4項 社会不安障害の合併症
  第5項 遺伝的要因
  第6項 神経生理学的要因
 第2節 社会不安障害に対する認知行動療法
  第1項 心理療法と治療効果研究
  第2項 社会不安障害の症状形成・維持モデル
  第3項 行動的な不安症状のアセスメント
 第3節 安全確保行動が社会不安症状の維持に及ぼす役割
  第1項 安全確保行動とは何か?
  第2項 安全確保行動はどのように機能しているか?
  第3項 社会不安障害の安全確保行動に関する研究
第2章 これまでの研究の問題点と本研究の目的,意義
 第1節 これまでの研究の問題点の生路と本研究の目的
 第2節 本研究の意義
 第3節 本研究の構成
第3章 回避行動,および安全確保行動測定尺度の整備
 第1節 回避行動測定尺度の因子構造の検討
  問題と目的
  方法
  結果
  考察
 第2節 安全確保行動測定尺度(Avoidance behavior In-situation Scale)の開発
  問題と目的
  方法
  結果
  考察
第4章 安全確保行動が社会不安障害の社会不安,否定的な信念に及ぼす影響に関する検討
  問題と目的
  方法
  結果
  考察
第5章 安全確保行動の修正による社会不安症状の軽減効果に関する検討―教示とビデオフィードバックの効果―
  問題と目的
  仮説
  方法
  結果
  考察
第6章 安全確保行動に対する介入技法の効果検討―症例検討―
  問題と目的
  症例検討
  考察
第7章 総合考察
 第1節 本研究の結果のまとめ
 第2節 SAD治療において安全確保行動を治療ターゲットとする意義
 第3節 臨床場面で安全確保行動を取り扱う際の提言
 第4節 比較文化的観点から見たわが国での認知モデルの適用可能性
 第5節 本研究の限界と課題
  第1項 個人差の影響
  第2項 ビデオフィードバックの導入と長期的な改善効果について
  第3項 SAD患者に対する応用可能性
 第6節 結語
引用文献
あとがき
著者岡島義 著
発行年月日2010年09月30日
頁数150頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1814-4