博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

亡命ドイツ人学長達の戦後芸術アカデミー改革

アメリカ・ドイツにおける戦後芸術大学改革の起源と遺産

定価:本体 8,500 円+税

第2次世界大戦後、世界的規模で展開した亡命ドイツ人学長・教授達による戦後芸術アカデミー・芸術大学改革を亡命者研究、芸術アカデミー改革史の視点と成果も踏まえ解明。

【編著者紹介】
鈴木幹雄(すずき みきお)
編者、昭和27(1953)年生。現在 神戸大学人間発達環境学研究科・教授。
専門 芸術教育学・教育哲学、博士(教育学、広島大学)。

【執筆者紹介】
鈴木幹雄(すずき みきお)
担当 序、第一、二、三章、研究史料一、二。

長谷川哲哉(はせがわ てつや)
担当 第六章。和歌山大学名誉教授、専門 芸術教育学・美的教育論、
博士(美術、東京芸術大学)。

石川 潤(いしかわ じゅん)
担当 第七章。宇都宮美術館学芸員(担当領域:ドイツ語圏)、
専門 P・クレー研究、修士(芸術学、早稲田大学)。

安部順子(あべ じゅんこ)
担当 第四、五章。

普照潤子(ふしょう じゅんこ)
担当 第八章。

小橋 諒(こばし りょう)
担当 第九章。

安木理恵(やすき りえ)
担当 第十章。
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。

第Ⅰ部 研究の視角
第一章 亡命者達による芸術大学改革についての研究視角
     ―一九四〇~五〇年代シカゴにおける芸術学校改革と亡命芸術家の貢献(鈴木幹雄)
第Ⅱ部 内的亡命ドイツ人芸術大学長達の戦後改革コンセプトとその改革的・教育学的遺産
第二章 モダニズム芸術家W・バウマイスターに見る芸術アカデミー改革コンセプトについて(鈴木幹雄)
第三章 シュトゥットガルト・アカデミー教授W・バウマイスターは内的亡命に耐える中でモダンアーティストとして何を構想したか(鈴木幹雄)
第四章 戦後ベルリン造形芸術大学改革と演説原稿にみる初代学長K・ホーファーの改革意識について(安部順子)
第五章 一九二〇年代ホーファーの芸術観・芸術教育観にみる芸術アカデミー改革思想形成の端緒(安部順子)
第六章 戦後ベルリン造形芸術大学第二代学長K・オットーと芸術大学改革コンセプト(長谷川哲哉)
第七章 戦後カッセル芸術工科大学学長J・エルンストとその改革的倫理規範「良いフォルム」およびドクメンタⅢへの挑戦(石川 潤)
第Ⅲ部 米国における亡命ドイツ人芸術学校長・教授の戦中・戦後芸術学校改革コンセプトとその改革的・教育学的遺産
第八章 亡命バウハウス教師L・モホリ= ナギの芸術教育学上の苦闘とシカゴにおける芸術学校改革(普照潤子)
第九章 改革芸術学校ブラック・マウンテン・カレッジ学長J・A・ライスの教育理念とバウハウス教師J・アルバースの芸術教育上の貢献(小橋 諒)
第十章 アメリカに渡ったドイツ人芸術教育者ハンス・ホフマンの芸術教育と芸術教育理論の改革的性格について(安木理恵)
研究資料
資料一 ある内的亡命芸術家・教授にみる造形芸術上の戦後将来構想とそのスタンス(鈴木幹雄)
資料二 亡命芸術家研究の基本的視角(鈴木幹雄)
おわりに
図版出典
Acknowledgements
編著者・執筆者紹介
著者鈴木幹雄 編著
発行年月日2014年03月31日
頁数354頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2029-1

関連書籍


バウハウスと戦後ドイツ芸術大学改革

鈴木幹雄・長谷川哲哉 編著

定価:本体 9,000 円+税