博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

源氏物語注釈 三

末摘花-花散里

定価:本体 14,000 円+税

源氏物語を可能な限り精確に読み解き、現代語で解説することを目的とする。当時の言語事実に基づく実証的な本文研究を行い、校異、注釈、口語訳を提示。〈末摘花、紅葉賀、花宴、葵、賢木、花散里〉〈全十一巻〉

【著者紹介】※略歴は刊行当時のものです※
山崎良幸(やまざき よしゆき)
1933年 京城帝国大学法文学部文学科卒業(国語学専攻)
高知女子大学名誉教授、文学博士

和田明美(わだ あけみ)
1979年 高知女子大学文学部国文学科卒業
1989年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期中途退学(国語学専攻)
愛知大学文学部教授、博士(文学)

梅野きみ子(うめの きみこ)
1965年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程満期退学(国文学専攻)
椙山女学園大学文化情報学部教授、文学博士

〈執筆協力者〉
熊谷由美子 石原純子 萩原直美 山崎和子 和田ふじ子
目次を表示します。
末摘花
紅葉賀
花宴

賢木
花散里
著者山崎良幸・和田明美・梅野きみ子 共著
発行年月日2002年12月25日
頁数420頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1351-4