博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

荀子注釋史上における邦儒の活動 續篇

定価:本体 12,000 円+税

邦儒と清儒につき資料を探索調査し、所説の発想や推究のしかた、文型・語気、客観的状況等多面な角度から比較検討し、両者の影響関係、近世邦儒の意義を論究。
目次を表示します。
緒論
  まえがき
  一 本書の構成
  二 無窮會圖書館
  三 泊園文庫
  四 『筍子』漢文大系本
  五 徂徠派と非徂徠派
第一章 『刪註筍子』
  序説
  一 テキスト
  二 王納諫説
  三 書入れ
  四 特色
  結語
第二章 『讀筍子抹』
  序説
  一 テキストに關する批評
  二 塗抹すべし
  三 刪るべし
  四 評語
  結語
第三章 藍津南城の筍子學
  序説
  一 『筍子定義』
  二 『筍子增注釋義』
  結語
第四章 無窮會圖書館所蔵『筍子考』
  序説
  一 謝氏校本(箋釋)に學ぶ
  二 先輩邦儒に學ぶ
  三 東がい(田に亥)の新見
  結語
第五章 泊園文庫所蔵『筍子』の書入れ
  序説
  一 先代東がい(田に亥)に學ぶ
  二 淸儒に學ぶ
  三 先輩邦備に學ぶ
  四 南岳獨自の新見
  結語
第六章 熊公哲『筍子今註今譯』
  序説
  一 久保筑水『筍子★(土に曾)注』
  二 猪飼敬所『筍子補遺』
  結語
第七章 李源生『筍子集釋』
  序説
  一 久保筑水『筍子★(土に曾)注』
  二 猪飼敬所『筍子補遺』
  結語
附録
第一章 『論語徴癈疾』
  序説
  一 校勘
  二 『山子垂統』との關係
  三 『論語一貫』との関係
  四 徂徠説に對する批判
  結語
第二章 「古典解釋學」管見―和漢の比較を中心に―
  序説
  一 校勘
  二 訓詁
  結語
結論
後記
後記(正篇―昭和五十五年版)
索引
著者藤川正數 著
発行年月日1990年02月28日
頁数356頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-0766-7

関連書籍


荀子注釋史上における邦儒の活動 正篇

藤川正數 著

定価:本体 15,000 円+税