博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

児童に対する認知行動的ストレスマネジメント

定価:本体 5,000 円+税

小学校における認知行動理論に基づいたストレスマネジメントの実践研究。学校現場における授業を活用した心の健康教育の視点に立った介入プログラム。

【著者略歴】
髙橋高人(たかはし たかひと)
1979年 北海道小樽市生まれ
2002年 大谷大学文学部真宗学科卒業
2004年 北海道医療大学看護福祉学部臨床福祉学科臨床心理学専攻卒業
2006年 北海道医療大学大学院心理科学研究科博士前期課程修了
2009年 福島県立医科大学医学部精神神経医学講座 助教
2010年 北海道医療大学大学院心理科学研究科博士後期課程修了
    博士(臨床心理学)取得
2012年 宮崎大学教育学部 専任講師
    現在に至る
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
第1章 従来のストレス研究と児童のストレスマネジメント
 第1節 児童のストレスに関する研究動向
 第2節 児童に対する予防的介入の必要性
 第3節 児童に対するストレスマネジメント
第2章 本研究の目的と意義
 第1節 本研究の目的 
 第2節 本研究の意義
第3章 児童に対するリラクセーション法を用いたストレスマネジメント
 第1節 本章の目的
 第2節 児童に対するリラクセーション法の指導・実施のしやすさ
 第3節 児童に対するリラクセーション法を用いたストレスマネジメント・プログラムの効果
 第4節 本章のまとめ
第4章 児童に対するコーピングの多様性に焦点を当てたストレスマネジメント
 第1節 本章の目的
 第2節 児童に対するコーピングの多様性に焦点を当てたストレスマネジメントの効果
 第3節 本章のまとめ
第5章 児童に対するリラクセーション法とコーピングの習得を組み合わせたストレスマネジメント
 第1節 本章の目的
 第2節 児童に対するリラクセーション法とコーピングの習得を組み合わせたストレスマネジメントの効果
 第3節 本章のまとめ
第6章 総合考察
 第1節 本研究の概要
 第2節 本研究の臨床的意義
 第3節 本研究の限界と今後の課題
引用文献
初出一覧
謝辞
著者髙橋高人 著
発行年月日2014年12月25日
頁数128頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2070-3

関連書籍


小学生に対する抑うつ低減プログラムの開発

小関俊祐 著

定価:本体 6,000 円+税


不登校児童・生徒への援助における自己概念の変容

青戸泰子 著

定価:本体 11,000 円+税


小中学生の心理的ストレスと学校不適応に関する研究

嶋田洋徳 著

定価:本体 12,500 円+税