博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

エイズ相談利用促進に関わる規定要因の心理学的検討

定価:本体 6,000 円+税

HIV感染およびエイズ発症を「予防する」という視点に基づき、成人期初期の男女に焦点を当てて相談行動の促進とその規定要因について検討。予防活動あるいは地域支援を担う実践家のための基礎資料を提起する。

【著者略歴】
飯田敏晴(いいだ としはる)
1979年 千葉県に生まれる
2004年 明治学院大学文学部心理学科卒業
2006年 明治大学大学院心理学研究科修士課程修了
総合病院・クリニック等における心理職(非常勤)として採用される。
2010年 公益財団法人エイズ予防財団リサーチ・レジデントとして採用
      され,国立国際医療研究センター病院エイズ治療・研究開発 
      センターに派遣される。
2013年 明治学院大学大学院心理学研究科博士後期課程修了 
      博士(心理学)取得
現 在 山梨英和大学人間文化学部 助教

臨床心理士,多文化間精神保健専門アドバイザー
※データは刊行当時のものです※
目次を表示します。
第1部 エイズ相談研究の現状と課題
 はじめに
 序章
  序-1 日本のHIV/AIDSの流行状況
  序-2 日本のHIV/AIDSに関する予防的介入研究の現状
  序-3 予防的介入で標的となる健康行動
  序-4 エイズ相談利用の測定
  序-5 エイズ相談意図を促進するための理論モデル
  序-6 健康信念モデルに基づいたエイズ相談研究の現状と課題
  序-7 結構信念モデルに基づいた本研究における変数の定義(Figure1)
  序-8 研究の目的と意義
  序-9 本書の構成
第2部 健康信念モデルに基づく諸要因とエイズ相談意図との関連
 はじめに
 第1章 HIV自己イメージの意味構造【研究1】
  はじめに
  1-1 目的
  1-2 方法
  1-3 結果と考察
 第2章 HIV自己イメージ尺度(HIVSIS)の作成【研究2】
  はじめに
  2-1 目的
  2-2 方法
  2-3 結果と考察
 第3章 β版からHIVSISの確立へ【研究3】
  はじめに
  3-1 目的
  3-2 方法
  3-3 結果と考察
 第4章 HIVSISの妥当性の検討【研究4】
  はじめに
  4-1 目的
  4-2 方法
  4-3 結果と考察
 第5章 HIVSIS作成における総合的考察
  はじめに
  5-1 HIV自己イメージ尺度の開発
  5-2 尺度の利用可能性
  5-3 今後の課題
 第6章 健康信念モデルに基づく諸要因とエイズ相談意図との関連【研究5】
  はじめに
  6-1 目的
  6-2 方法
  6-3 結果
  6-4 考察
  6-5 本研究の限界と課題
第3部 健康信念モデルに基づいた指標の有効性の検討:予防的介入の効果測定の試み
 はじめに
 第7章 DVD視聴覚教材視聴前後の健康信念モデルに基づいた指標の変化【研究6】
  はじめに
  7-1 方法
  7-2 結果
  7-3 考察
第4部 エイズ相談利用促進に関わる規定要因の心理的検討
 はじめに
 終章
  終-1 はじめに
  終-2 エイズ相談利用促進に関わる規定要因の心理学的検討
  終-3 予防的視座から見たHIV/AIDS
  終-4 本研究の限界と今後の展望

引用・参考文献一覧
初出一覧
謝辞
著者飯田敏晴 著
発行年月日2016年12月25日
頁数144頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2159-5

関連書籍


臨床心理士・カウンセラーによるアドボカシー

井上孝代 編著

定価:本体 2,500 円+税