博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

障害者への就労支援のあり方についての研究

就労継続支援B型事業所をフィールドとした混合研究法による考察

定価:本体 6,000 円+税

障害者の「働く権利」を保障するための就労支援とは? Quality of Working Life(QWL)の理論枠組みを用い、5つの調査研究から目指すべき支援と社会のあり方を導き出した一冊。

【著者紹介】
中尾文香(なかお あやか)
2007年日本女子大学大学院人間社会研究科社会福祉学専攻博士課程前期修了。現職は、株式会社テミル シニアエグゼクティブ。NPO法人ディーセントワーク・ラボ代表理事。2016年9月東洋大学大学院福祉社会デザイン研究科ヒューマンデザイン専攻博士後期課程修了。社会福祉士。博士(社会福祉学)。
目次を表示します。
序章
1.研究の背景と問題意識
2.研究の目的
3.研究の枠組み
4.研究方法
5.本研究における「働く」ことに関連した用語の定義
6.本研究の構成
第1章 障害者が「働く」ということ
1.人が働く意義と価値
2.自立
3.障害者分野における「働くこと」に関連した概念
4.B型事業所における問題点と課題
第2章 障害者の福祉的就労
1.障害者の権利としての就労
2.福祉的就労に関する既存データと考察
3.障害者の福祉的就労施策
4.障害者就労における問題点と課題
第3章 障害者のQOLとQWL
1.QOL
2.QWL
3.QOLとQWLの関係
4.ディーセント・ワーク
第4章 B型事業所における障害者就労の意識に関する調査研究―支援職を対象とした質問紙調査―
1.調査の目的
2.調査の方法
3.調査の結果
4.考察
5.本調査の総括
第5章 B型事業所における障害者のためのQWLの構造に関する調査研究―所長を対象とした質問紙調査―
1.調査の目的
2.調査の方法
3.調査の結果
4.考察
5.本調査の限界と課題
第6章 B型事業所における障害者の働きがい醸成とそれを補う環境・システムに関する調査研究―所長へのインタビュー調査―
1.調査の目的
2.調査の方法
3.分析の結果
4.考察
5.本調査の総括
第7章 B型事業所における知的障害者の働きがいと余暇活動に関する調査研究―本人へのインタビュー調査―
1.調査の目的
2.調査の方法
3.分析の結果
4.考察
5.本調査の総括
6.第6章と第7章のインタビュー調査の総合考察
第8章 QWLの向上を目指した取り組みの事例調査
1.研究の背景と目的
2.研究の方法
3.テミルプロジェクトの事例
4.その他の事業所
5.第8章の総括
第9章 総合考察―就労継続支援B型事業所と社会がめざすべきところ―
1.B型事業所における問題点と課題の整理
2.今後のB型事業所のあり方
3.新たな社会的価値と市場の創造
4.B型事業所におけるQWLとディーセント・ワーク
終章
引用文献一覧
あとがき
著者中尾文香 著
発行年月日2017年03月31日
頁数370頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2182-3

関連書籍


知的障害者の就労に関する雇用者の問題意識の構造

石山貴章 著

定価:本体 6,500 円+税