博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

マイクロカウンセリングによるカウンセリング技法の習得

モデリングと言語化の役割

定価:本体 4,000 円+税

マイクロカウンセリングのモデリングに焦点を当て、モデルの遂行内容を言語化するプロセスを導入。その効果を高める要因を検討し、訓練プログラムの発展に貢献。

【著者略歴】
河越隼人(かわごし はやと)
1984年生まれ。2009年,帝塚山大学大学院人文科学研究科修士課程を修了。
翌年,臨床心理士資格を取得。2012年,同志社大学大学院心理学研究科博士
後期課程を修了。博士(心理学)を取得。同志社大学,大阪体育大学での勤務
を経て,2015年より帝塚山大学心理学部に就任。現在に至る
目次を表示します。

序章
第1章 マイクロカウンセリング研究の展開
  第1節 マイクロカウンセリングとは
  第1項 マイクロカウンセリングの発想
  第2項 マイクロカウンセリングの訓練手順
 第2節 マイクロカウンセリングの有効性
 第3節 マイクロカウンセリング研究の課題
 第4節 マイクロカウンセリングにおけるモデリングの役割
  第1項 社会的学習理論とモデリング
  第2項 マイクロカウンセリングの構成要素としてのモデリング
  第3項 マイクロカウンセリングの訓練プログラムとモデリングの下位過程の関連
  第4項 マイクロカウンセリングとモデリングの言語化
 第5節 本研究の目的
第2章 マイクロカウンセリングにおけるモデリングの言語化の効果
 第1節 カウンセリング技法習得に及ぼすモデリングの言語化の効果(研究1)
 第2節 モデリングの言語化によって習得したカウンセリング技法の実践応用可能性の検討(研究2)
第3章 モデリングの言語化が習得したカウンセリング技法の維持に及ぼす効果
 第1節 観察者の言語化内容とカウンセリング技法の習得度の対応(研究3)
 第2節 モデリングの言語化における自己言語化と他者言語化の組み合わせの効果(研究4)
第4章 弁護士を対象としたマイクロカウンセリングによるカウンセリング技法習得の有効性(研究5)
第5章 総合考察
引用文献
附表
あとがき
著者河越隼人 著
発行年月日2018年02月28日
頁数116頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2218-9