博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

家庭と仕事の心理学

子どもの育ちとワーク・ライフ・バランス

定価:本体 2,000 円+税

ワーク・ライフ・バランスの実態について探る

仕事と生活の調和を図り、質の高い生活を送るためには? 「家庭」「仕事」「余暇時間」「地域への関わり」の4領域から、夫婦関係、ストレス、家族機能におよぼす影響についてライフステージに渡り実態を調査。

【編著者紹介】
尾形和男(おがた・かずお)
担当章 第1章、第2章、第3章、第4章、第10章

千葉大学教育学部卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了
博士(教育学)東京学芸大学
群馬医療福祉大学教授、愛知教育大学教授を経て
現在 埼玉学園大学特任教授・愛知教育大学名誉教授

専門分野 生涯発達心理学、教育心理学
父親を中心とする家庭環境と子どもの成長・発達、学習行動などについて研究

主著
『教科学を創る 第2集』(共著) 愛知教育大学出版会 2015年
『発達と学習の心理学』(編著) 田研出版 2013年
『父親の心理学』(編著) 北大路書房 2011年
『学校司書のための子ども論』(単著) 愛知教育大学出版会 2010年
『家族システムにおける父親の役割に関する研究―幼児、児童とその家庭を対象として―』(単著) 風間書房 2007年
『家族の関わりから考える生涯発達心理学』(編著) 北大路書房 2006年
『心理学とジェンダー―学習と研究のために―』(共著) 有斐閣 2003年

【執筆者紹介】
福田佳織(ふくだ・かおり)
担当章 第4章 専業主婦家庭、第5章 専業主婦家庭、第6章 専業主婦家庭、第7章 専業主婦家庭、第8章 専業主婦家庭、第9章 専業主婦家庭
茨城大学教育学部卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了
博士(教育学)東京学芸大学
現在 東洋学園大学教授

森下葉子(もりした・ようこ)
担当章 第4章 共働き家庭、第5章 共働き家庭、第6章 共働き家庭、第7章 共働き家庭、第8章 共働き家庭、第9章 共働き家庭
東京女子大学文理学部卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了
博士(教育学)東京学芸大学
現在 文京学院大学准教授
目次を表示します。
はじめに
第Ⅰ部 ワーク・ライフ・バランスの現状と問題
 第1章 多様な生活とワーク・ライフ・バランスの考え方
 第2章 ワーク・ライフ・バランスの持つ意味
  事例1 大学卒業後、仕事に就いて間もない女性
  事例2 夫が会社員、パート勤務をしながら中学生の娘を持つ主婦
  事例3 夫は教員、3人の子どもを育てているパート勤めの30代主婦
  事例4 夫婦共働き、保育園に通う子どもを妻と共に育てている男性
  事例5 仕事を継続する中で、家族や子どもを大事にすることに新たに思いをはせる男性
  事例6 夫が教員として勤め、専業主婦として生活を続ける女性
 第3章 ワーク・ライフ・バランスの必要性とその背景
  第1節 共働き家庭の増加
  第2節 労働時間
  第3節 女性の社会進出
  第4節 日本社会とジェンダーギャップ
  第5節 女性の生き方の変化―多様化への男性の対応・社会の対応―
 第4章 ワーク・ライフ・バランスの現状と問題
  第1節 子育てと仕事の両立
  第2節 教師の労働状況と精神的健康
  第3節 女性の労働とジェンダーギャップ
  第4節 ライフステージとワーク・ライフ・バランス
  第5節 本書のねらい
第Ⅱ部 調査結果の紹介
 第5章 ライフステージを通した家族形態別の生活の特徴
  専業主婦家庭
  第1節 調査結果の概要
  第2節 各ライフステージにおける夫の生活状況の特徴
  第3節 調査結果から見る夫の生活状況と問題点
  共働き家庭
  第1節 調査結果の概要
  第2節 各ライフステージにおける夫婦の生活状況の特徴
  第3節 調査結果から見る夫婦の生活状況と問題点
 第6章 ライフステージを通した家族形態別の生活状況と夫婦関係
  専業主婦家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫の生活状況と夫婦関係
  第2節 調査結果から見る夫の生活状況と問題点
  共働き家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫婦の生活状況と夫婦関係
  第2節 調査結果から見る夫婦の生活状況と問題点
 第7章 ライフステージを通した家族形態別の生活状況と家族成員のストレス
  専業主婦家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫の生活状況と家族成員のストレス
  第2節 調査結果から見る夫の生活状況と問題点
  共働き家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫婦の生活状況と家族成員のストレス
  第2節 調査結果から見る夫婦の生活状況と問題点
 第8章 ライフステージを通した家族形態別の生活状況と家族機能
  専業主婦家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫の生活状況と家族機能
  第2節 調査結果から見る夫の生活状況と問題点
  共働き家庭
  第1節 各ライフステージにおける夫婦の生活状況と家族機能
  第2節 調査結果から見る夫婦の生活状況と問題点
 第9章 各ライフステージにおける家族形態別の夫婦関係、家族成員のストレス、家族機能の現状から見る望ましいワーク・ライフ・バランス
  第1節 専業主婦家庭
  第2節 共働き家庭
第Ⅲ部 これからのワーク・ライフ・バランス
 第10章 これからのワーク・ライフ・バランスに向けて
  第1節 時代の変化に応じた対応
  第2節 自己啓発と自己成長へ向けて
  第3節 ワーク・ライフ・バランスと夫婦関係満足
  第4節 ワーク・ライフ・バランスと子どもの成長・発達
  第5節 キャリア教育とワーク・ライフ・バランス
巻末資料
あとがき
索引
著者尾形和男 編著
発行年月日2018年03月31日
頁数192頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2222-6
チラシPDFをダウンロードする

関連書籍


家族システムにおける父親の役割に関する研究

尾形和男 著

定価:本体 11,500 円+税


女性の就労行動と仕事に関する価値観

森永康子 著

定価:本体 4,600 円+税


専業主婦のキャリア再開発

奥津眞里 著

定価:本体 1,800 円+税