博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 近刊一覧

市民運動としてのNPO

1990年代のNPO法成立に向けた市民の動き

定価:本体 2,300 円+税

NPO法施行から20年、今改めてNPOを問い直す

1990年代は、市民が公益を担う仕組みが誕生した10年であった。
NPOは公益性とパートナーシップを内に秘めた市民活動である。

【著者略歴】
高田昭彦(たかた あきひこ)
1947年生。成蹊大学文学部名誉教授。専門はNPO・市民活動論,環境社会学。主要業績に論文「環境問題への諸アプローチと社会運動論」(『社会学評論』1995.3),「市民運動の新しい展開」(『都市問題』2003.8),「市民・NPOによる公的空間の創造」(『都市問題』2004.8),単著『政策としてのコミュニティ』(風間書房 2016),共著に『環境と生態系の社会学』(岩波書店 1996),『環境運動と政策のダイナミズム』(新曜社 2001),『社会運動研究入門』(文化書房博文社 2004),『公助・共助・自助のちから』(風間書房 2006)など。

※データは刊行当時のものです※
目次を表示します。

ただいま準備中です。
著者高田昭彦 著
発行年月日2018年03月30日
頁数248頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2230-1

関連書籍


政策としてのコミュニティ

高田昭彦 著

定価:本体 2,700 円+税

成蹊大学人文叢書4
公助・共助・自助のちから

成蹊大学文学部学会 編

定価:本体 2,000 円+税