博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

手描き地図分析から見た知覚環境の発達プロセス

定価:本体 6,500 円+税

子どもの手描き地図の分析を通して知覚環境の形成と発達のプロセスを実証的に解明。その発達を支援する地理教育カリキュラム開発のための基礎資料を提示する。

【著者略歴】
吉田和義 (よしだかずよし)
専門は地理教育、社会科教育、子どもの知覚環境研究。
1957年東京都生まれ。東京学芸大学卒業。同大学大学院教育学研究科修士課程修了。
日本女子大学大学院人間社会研究科教育学専攻博士課程後期修了。博士(教育学)。
東京都公立小学校教諭、創価大学教育学部准教授を経て現在創価大学教育学部教授。

主著
『地理学習を面白くする授業アイデア』(単著)明治図書 2004年
『伝え合う力が育つ社会科授業』(共編著)教育出版 2015年
『アイデアいっぱい地図授業』(分担執筆)日本書籍 1990年
『地理教育カリキュラムの創造』(分担執筆)古今書院 2008年
『地理教育講座 第Ⅱ巻 地理教育の方法』(分担執筆)古今書院 2009年 
『社会科教育の創造-基礎・理論・実践-』(分担執筆)教育出版 2009年
『社会科力UP 授業が変わる地球儀活用マニュアルBOOK』(分担執筆)明治図書 2011年
『教師のための現代社会論』(分担執筆)教育出版 2014年
《Geography Education in Japan》(分担執筆)Springer, 2015年
『アクティブ・ラーニングの基本と授業のアイデア』(分担執筆)ナツメ社 2017年
目次を表示します。

序(斎藤 毅)
はじめに

第1章 序論
 第1節 研究目的
 第2節 先行研究
 第3節 研究方法と研究対象地域
 第4節 本書の構成

第2章 知覚環境の発達の一般的特色
 第1節 調査方法
 第2節 研究対象地域の概要
 第3節 手描き地図の分類方法
 第4節 調査結果
 第5節 知覚環境の発達の特色

第3章 ルートマップの形成 第1・2学年
 第1節 小学校第1・2学年の知覚環境
 第2節 第1・2学年における手描き地図の形態分類
 第3節 第1・2学年における建物表現の形式
 第4節 第1・2学年における手描き地図に描かれた要素
 第5節 個別児童の手描き地図の特色
 第6節 第1学年から第2学年への手描き地図の変化
 第7節 生活科学習と知覚環境の発達
 第8節 地図に関する問題解決 第1・2学年
 第9節 第1・2学年における知覚環境の発達

第4章 ルートマップからサーベイマップへの移行 第3・4学年
 第1節 小学校第3・4学年の知覚環境
 第2節 第3・4学年における手描き地図の形態分類
 第3節 第3・4学年における手描き地図に描かれた要素
 第4節 第3・4学年における建物表現の形式
 第5節 第3・4学年の知覚環境の特色
 第6節 第3・4学年の社会科における地理学習との関連
 第7節 第3・4学年における子どもの遊び行動
 第8節 個別児童の手描き地図の特色
 第9節 第3学年から第4学年への手描き地図の変化
 第10節 地図に関する問題解決 第3・4学年
 第11節 第3・4学年における知覚環境の発達

第5章 サーベイマップの発達 第5・6学年
 第1節 小学校第5・6学年における知覚環境
 第2節 第5・6学年における手描き地図の形態分類
 第3節 第5・6学年における建物表現の形式
 第4節 第5・6学年における手描き地図に描かれた要素
 第5節 個別児童の手描き地図の特色
 第6節 第5学年から第6学年への手描き地図の変化
 第7節 第5・6学年の社会科学習との関連
 第8節 地図に関する問題解決 第5・6学年
 第9節 第5・6学年における知覚環境の発達

第6章 地域的特色と知覚環境
 第1節 地域的特色の知覚環境への影響
 第2節 ニュータウン地域における知覚環境
 第3節 住宅地と農地が混在する地域における知覚環境
 第4節 地域的特色と知覚環境の発達

第7章 知覚環境の年次変化 2004年と2014年
 第1節 年次変化の調査方法
 第2節 手描き地図の形態分類の比較
 第3節 建物表現の形式の比較
 第4節 手描き地図に描かれた要素の比較
 第5節 近年における子どもの生活の変化
 第6節 押立地区の変容

第8章 知覚環境の発達と地理教育
 第1節 地域学習と知覚環境の発達
 第2節 身近な地域の学習 授業実践例1 大丸地区
 第3節 身近な地域の学習 授業実践例2 押立地区
 第4節 知覚環境の発達への身近な地域の学習の影響
 第5節 他教科との関連 算数

第9章 結論
 第1節 知覚環境の発達に関する諸要因
 第2節 知覚環境の発達プロセス
 第3節 地理教育への示唆
 第4節 今後の課題

参考文献
あとがき
索引
著者吉田和義 著
発行年月日2018年05月31日
頁数220頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2227-1