博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

和歌文学論集6平安後期の和歌

定価:本体 5,800 円+税

上代から近世に至る史的展開を視野に収めながら、歌集・秀歌撰・和歌行事・歌壇・歌人・歌論・和歌表現や、他の文芸との関連など、和歌文学のさまざまな問題を対象とした画期的論文集。
目次を表示します。
後拾遺集への階梯(小町谷照彦)
流布本『相模集』定頼・公資歌群をめぐる一試論―その物語手法を中心として―(近藤みゆき)
源経信の漢詩文的表現―〈晴〉と〈褻〉のことなど―(錦仁)
源俊頼の周辺―俊頼と師賢―(田仲洋己)
『金葉集』の白河院と堀河院(柏木由夫)六条家―承安~元暦頃を中心に―(浅田徹)
歌が詠み出される場所―歌林苑序説―(中村文)
歌語注釈書と詠作と百首歌と(西村加代子)
題の形成―勅撰集の場合―(滝澤貞夫)
千載集への道(上條彰次)
後拾遺集時代の歌枕―歌語から名所へ―(阪口和子)
研究 現状と展望(大取一馬・鈴木徳男・安井重雄)
著者『和歌文学論集』編集委員会 編
発行年月日1994年05月31日
頁数378頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-0893-0