博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

成蹊大学人文叢書8異言語と出会う、異文化と出会う

定価:本体 2,000 円+税

言語を異にする文化間の差異について考察。

【執筆者紹介】
灘光 洋子(なだみつ ようこ)
立教大学異文化コミュニケーション学部教授。異文化コミュニケーション。
鈴木 京子(すずき きょうこ)
成蹊大学文学部非常勤講師。異文化コミュニケーション、教育社会学。
河内 智子(かわち ともこ)
成蹊大学国際教育センター常勤講師。英語教授法。
坂野由紀子(ばんの ゆきこ)
成蹊大学法学部準教授。近現代イギリス詩。
正岡 和恵(まさおか かずえ)
成蹊大学文学部教授。イギリス・ルネサンス期の文学。
桑子 利男(くわこ としお)
早稲田大学教育学部教授。一八世紀イギリス文学。
森松 健介(もりまつ けんすけ)
中央大学名誉教授。イギリスの詩と小説。
時実 早苗(ときざね さなえ)
千葉大学文学部教授。アメリカ文学・文学理論。
※刊行当時のものです※
目次を表示します。
Ⅰ 遭遇の現場から
第一章 医療通訳者のアンビバレントな立ち位置について―インタビューをもとに― 難光 洋子
第二章 教員の異文化体験―REXプログラムに参加した教員の聞き取り調査から― 鈴木 京子
第三章 観察調査を通じて自文化と「出会う」―異文化理解・適応教育の取り組み― 河内 智子
Ⅱ 文化を媒介する
第四章 北村透谷と英語との出会い―新しい言説の創造へ― 坂野由紀子
第五章 ジョン・フローリオと初期近代イングランドの言語文化 正岡 和恵
Ⅲ 移動する言葉、移動する文化
第六章 重層/重奏する〈道〉―英国の道をめぐる一考察― 桑子 利男
第七章 英文学の《自然》と牧歌―その異文化性をブレイクに見る― 森松 健介
第八章 エドウィージ・ダンティカの『息、眼、記憶』と「声」の手紙 時実 早苗
あとがき
著者成蹊大学文学部学会 編
発行年月日2011年03月31日
頁数280頁
判型 四六
ISBNコード978-4-7599-1823-6