博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

地域を創る日本文化理解教育

古都奈良の高校の挑戦

定価:本体 2,000 円+税

日本文化理解教育による地域活性化の可能性を探る。

【著者略歴】
永添祥多(ながそえ しょうた)
1958(昭和33年) 山口県下関市生まれ
九州大学大学院人間環境学研究科発達・社会システム専攻教育学コース(教育社会史)博士後期課程修了、博士(教育学)九州大学
九州大学講師、西日本工業大学教授を経て、現在、近畿大学産業理工学部教授(教職課程担当)
目次を表示します。
はじめに
第1章 日本文化理解教育の方策としての地域史学習
 第1節 日本文化理解教育と歴史学習
  1、日本文化理解教育にとっての歴史学習の意義
  2、本書の目的と構成
 第2節 日本文化理解教育の推進という観点から見た高等学校の歴史教育の問題点
 第3節 地域史学習とは
  1、地域及び地域史とは
  2、地域の歴史学習の変遷
  3、地域史学習の目的と方法
  4、奈良県における地域史の特殊性
第2章 「まほろば創生・なら教育特区」の認定と現状
 第1節 「まほろば創生・なら教育特区」認定の経緯とその概要
  1、構造改革特区制度について
  2、教育特区の概要と主な事例
  3、「まほろば創生・なら教育特区」認定の経緯
  4、「まほろば創生・なら教育特区」概要
  5、「まほろば創生・なら教育特区」の成果
 第2節 教育特区から教育課程特例校制度への移行
 第3節 教育課程特例校としての取り組みの概要
第3章 奈良県立西の京高等学校における日本文化理解教育―「地域創生コース」の取り組み―
 第1節 「地域創生コース」開設の経緯
  1、学校の沿革と教育活動の特色
  2、「地域創生コース」開設の経緯
  3、「地域創生コース」の目標と概要 
 第2節 「地域創生コース」の教育課程の概要
  1、「地域創生コース」の教育課程の全体的構造と特色
 第3節 『高等学校学習指導要領』に準拠しない教育課程の弾力化
  1、「日本史」必修
  2、総合的な学習の時間の取扱い
  3、多彩な学校設定科目の開講
  4、学校外学修単位認定科目の開講と外部諸機関との連携学習の状況
第4章 日本文化理解教育における「地域創生コース」の意義
 第1節 「地域創生コース」の教育活動に対する評価
  1、教員の評価
  2、「地域創生コース」の生徒の評価
  3、保護者の評価
  4、「地域創生コース」の成果と課題
 第2節 日本文化理解教育に果たす「地域創生コース」の意義
著者永添祥多 著
発行年月日2013年08月31日
頁数166頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2004-8

関連書籍


日本文化発信力育成の教育

永添祥多 著

定価:本体 2,200 円+税


日本文化理解教育の目的と可能性

永添祥多 著

定価:本体 2,300 円+税


高等学校の日本文化理解教育

永添祥多 著

定価:本体 2,800 円+税


「伝統と文化」に関する教育課程の編成と授業実践

安部崇慶・中村哲 編著

定価:本体 3,800 円+税