博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

スペシャルオリンピックスがソーシャル・インクルージョンに果たす役割

学校連携プログラムにおける交流経験を中心に

定価:本体 6,000 円+税
障害者のためのボランティア組織(スペシャルオリンピックス)と学校が連携し、交流体験プログラムを実施。知的障害児に対する偏見の解消を量的調査によって示す。

【著者略歴】
小森亜紀子(こもり あきこ)
1981年 聖心女子大学文学部外国語外国文学科卒業
2007年 昭和女子大学生活機構研究科生活科学専攻修士課程修了
2010年 昭和女子大学大学院生活機構研究科生活機構学専攻博士後期課程単位取得満期退学
2011年 博士(学術)
2011年 昭和女子大学キャリア支援センター勤務
2012年 昭和女子大学現代ビジネス研究所助教

2003年 スペシャルオリンピックス冬季世界大会・長野「500万人トーチラン」運営委員会委員
2005年 able映画製作委員会事務局
2009年 NPO法人「勇気の翼インクルージョン2015」理事
目次を表示します。
序章 本研究の背景と目的・意義・構成・研究方法
 第1節 本研究の背景
 第2節 本研究の目的と意義
 第3節 本研究の構成と研究方法
  (1)本研究の構成
  (2)研究の方法
第1章 知的障害者への偏見
 第1節 アメリカ合衆国と日本における歴史と現状
  (1)アメリカ合衆国における歴史と現状
  (2)日本における歴史と現状
 第2節 ソーシャル・インクルージョンの理念と現状
  (1)ソーシャル・インクルージョン概念の成立
  (2)日本とアメリカにおけるソーシャル・インクルージョンの現状
 第3節 教育の場におけるインクルージョンの現状
  (1)現在の学校の状況
  (2)特別支援教育の進捗状況
  (3)アメリカ合衆国のインクルージョン教育
第2章 知的障害者への偏見の修正に有効な手段としてのスペシャルオリンピックス
 第1節 スペシャルオリンピックスの歴史と現状
  (1)スペシャルオリンピックスの歴史と現状
  (2)スペシャルオリンピックス日本の歴史と現状
 第2節 スペシャルオリンピックスの概念と独自性
  (1)スペシャルオリンピックスの使命と理念
  (2)スペシャルオリンピックスの独自性
  (3)他の障害者スポーツとの比較
  (4)スペシャルオリンピックスのもたらす効果
 第3節 スペシャルオリンピックスに関する先行研究
第3章 知的障害児・者に対する意識,交流経験についての先行研究
 第1節 年齢階層別の先行研究
  (1)小学生に関する研究
  (2)高校生に関する研究
  (3)短大生・大学生に関する研究
  (4)一般成人に関する研究
 第2節 その他の全体的な先行研究
第4章 知的障害者への児童生徒の意識―スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施前
 第1節 スペシャルオリンピックス学校連携プログラムの概要と研究方法
  (1)スペシャルオリンピックス学校連携プログラムの概要
  (2)スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施前後調査の方法と目的
 第2節 知的障害児への児童生徒の意識の現状
  (1)アンケート調査の単純集計と設問の構成
  (2)スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施前の知的障害児への意識
  (3)性別による特性
  (4)会話経験による知的障害児への意識の差
 第3節 知的障害児への意識の先行研究との比較
第5章 スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施後の状況
 第1節 スペシャルオリンピックス学校連携プログラムの実施が児童生徒に与える影響
  (1)スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施による児童生徒の意識の変化
  (2)スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施による男女児童生徒の意識の変化
 第2節 交流体験の重要性
  (1)会話経験の重要性
  (2)能力肯定度と交流への積極性の関係
  (3)スペシャルオリンピックスについての認知度
 第3節 アメリカの先行研究との比較
第6章 年間継続交流体験プログラム実施校の生徒の意識の変化
 第1節 年間継続交流実施校での交流実施前後調査の目的と方法
  (1)調査の目的
  (2)調査の方法
  (3)調査対象全体におけるA中学校の位置づけ
 第2節 学級ごとの交流内容
  (1)学級ごとの交流回数と内容
  (2)学級ごとの交流体験時のようす
  (3)交流のようすの男女差
  (4)生徒の感想
 第3節 量的調査の分析と考察
  (1)A中学校2008年度2年生の会話経験の推移と知的障害児に対する意識
  (2)A中学校のスペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施前・実施後・1年後の知的障害児への意識
  (3)年間交流体験終了後の知的障害児への意識の男女差
終章 スペシャルオリンピックスがソーシャル・インクルージョンに果たす役割
 第1節 各章のまとめ
 第2節 スペシャルオリンピックスがソーシャル・インクルージョンに果たす役割
  (1)学校における短期交流体験プログラムと長期交流体験プログラムの意義
  (2)スペシャルオリンピックスがソーシャル・インクルージョンに果たす役割
 第3節 今後の課題
引用文献
参考文献
付属資料 スペシャルオリンピックス学校連携プログラム実施前後アンケート調査票
あとがき
著者小森亜紀子 著
発行年月日2013年02月25日
頁数274頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1984-4