博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

専門図書館における現職者教育と個人の能力開発

定価:本体 8,000 円+税

本書は専門図書館の人材育成に焦点をあて、特に今後増加が予想される非正規職員を含めた教育訓練のあり方と、個人の能力開発の有効な方法を提示。図書館利用者に貢献できるための方策を探る。

【著者略歴】
長谷川昭子(はせがわ あきこ)
1976年 早稲田大学第一文学部卒業
2009年 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科博士後期課程修了
     博士(図書館情報学)(筑波大学)
現 在 日本大学文理学部非常勤講師
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
まえがき
序章 研究の背景と本書の構成
 1 本書の背景
 2 本書の目的
 3 本書の課題と研究方法
 4 専門図書館に関する先行研究
 5 用語の定義
 6 わが国の専門図書館の概要
 7 本書の構成
第Ⅰ部 専門図書館における人材活用の変遷
第1章 運営形態の変化と人材活用
 1 はじめに
 2 第1期:正規職員による運営(戦後―1950年代半ば)
 3 第2期:正規職員中心の運営(1950年代半ば―1970年代半ば)
 4 第3期:非正規職員の活用開始(1970年代半ば―1980年代前半)
 5 第4期:非正規職員活用の進展(1980年代前半―1990年代前半)
 6 第5期:外部の専門的能力の活用(1990年代前半―2010年)
 7 おわりに
第Ⅱ部 専門図書館における人材活用の実態
第2章 直営型の図書館における人材の活用
 1 はじめに
 2 聞き取りによる直営型図書館の現状調査
 3 正規職員と非正規職員からの回答
 4 業務内容と能力開発の特徴
 5 おわりに
第3章 業務委託型の図書館における人材の活用
 1 はじめに
 2 質問紙による業務委託型図書館の現状調査
 3 聞き取りによる常駐委託図書館の現状調査
 4 おわりに
第Ⅲ部 専門図書館における人材育成の現状
第4章 人材活用における問題点と求められる能力
 1 はじめに
 2 人材活用上の問題点
 3 非正規職員の人材育成に関する動向
 4 専門図書館職員に求められる能力とは
 5 おわりに
第5章 専門図書館における教育訓練と自己啓発
 1 はじめに
 2 質問紙による人材育成の現状調査
 3 正規職員と非正規職員からの回答
 4 人材育成の特徴と就業形態による差
 5 おわりに
第Ⅳ部 専門図書館における人材育成の体制
第6章 これからの教育訓練と自己啓発
 1 はじめに
 2 研修事業の充実
 3 自己啓発のための教育体制の整備
 4 おわりに
第7章 専門図書館職員のための認定資格制度
 1 はじめに
 2 認定資格制度設立の要件
 3 二つの認定資格制度
 4 情報管理専門職(仮称)資格検定試験制度
 5 認定資格制度の設立のための戦略
 6 おわりに
終章 これからの専門図書館づくりに向けて
 1 はじめに
 2 研究の整理
 3 研究の成果
 4 これからの人材育成
 5 おわりに

付録
あとがき
事項索引
人名・団体名索引
 
著者長谷川昭子 著
発行年月日2013年01月31日
頁数398頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1956-1