博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

自我発達論

共生社会と創造的発達

定価:本体 1,800 円+税
発達人間学の立場から人間と社会と教育の在り方を論じている本書は、養育や教育の新たな地平を拓いていくための勇気と希望と叡知となろう。好評「発達教育論」の姉妹書。

【著者紹介】
守屋國光(もりや くにみつ)
大阪総合保育大学児童保育学部教授
大阪教育大学名誉教授
学術博士
目次を表示します。
まえがき
第一章 自我と進化
第二章 自我とは何か
第三章 自我発達の三次元モデル
5と現代社会
第五章 自我発達と現代教育
第六章 自我発達と就農支援事業
第七章 運命的発達から創造的発達へ
補 遺 農業から見えてきた知的障害教育の在り方

文献
索引
著者守屋國光 著
発行年月日2010年12月18日
頁数162頁
判型 四六
ISBNコード978-4-7599-1835-9

関連書籍


特別支援教育総論

守屋國光 編

定価:本体 3,600 円+税


聴覚障害教育の歴史と展望

ろう教育科学会 編

定価:本体 8,500 円+税


生涯発達論

守屋國光 著

定価:本体 1,800 円+税


発達教育論

守屋國光 著

定価:本体 1,800 円+税


障害教育の新しい地平線

上野矗・竹田契一 監修/守屋國光 編

定価:本体 3,500 円+税