博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

産業教育史学研究手島精一と日本工業教育発達史

産業教育人物史研究Ⅰ

定価:本体 11,000 円+税

手島精一の残した語録を中心にして、彼の工業立国論と工業教育論を分析するとともに、工業の人づくりに賭けた生涯の軌跡を探り、日本の工業発達の思想構造を解明。

【著者略歴】
三好信浩(みよし のぶひろ)
1932年 大分県に生まれる
広島大学大学院教育学研究科博士課程修了、教育学博士
茨城大学助教授、大阪市立大学助教授、広島大学教授を経て
現在 甲南女子大学教授、広島大学名誉教授

専攻 教育史
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
まえがき
第一章 工業の人となる
  l 開明サムライの出生
     養父の集めた西洋情報 /藩学明親館の洋学教育 
/手島精一によるサムライ世界の批判
  2 明治初年の留学体験
     生涯八回の洋行 /最初の私費留学体験 /工業への志望転換
  3 文部事務官への就任
     東京開成学校監事 /ワグネルとの出会い /文部
     省実力官僚に随行しての万国博出張
  4 教育博物館の経営
     万国博覧会と教育博物館 /教育博物館にかけた期待 
/教育博物館と工業教育の関係
  5 工業教育の人となる
     東京職工学校の創立経緯 /手島精一における工業教
     育論の成熟 /教育博物館からの離別 /浜尾新に
     要請されての学校長就任
第二章 日本工業の国際関係
  l モデルとしての西洋
     外国博覧会で見た西洋事情 /工業教育における学理の応用 
/先進西洋のモデル選び
  2 アメリカとの提携
     新興国アメリカの工業発展 /合衆国教育長官ハリスとの対談 
/アメリカでの現業練習の勧め
  3 イギリスとドイツの関係
     二つの国の比較 /イギリスからドイツへのシフト
/イギリスに残る美風
  4 アジアの中の日本
     アジアの中での日本の成長  /輸出相手国としてのアジア  
/アジアにおける企業活動と就職活動の勧め  
/第一次世界大戦のもたらしたチャンス  
/入欧に対する入亜のスタンス
  5 世界の中の日本工業
     固有工業改善の課題 /日本工業の自立化の方途 
/工業自立化のための国民意識の変革
第三章 工業立国の人的基盤
  1 立国の基礎としての工業
     有形の戦争と無形の戦争 /戦後における工業戦争への対策 
/輸入超過是正の課題 /工業を国是とすべし
  2 工業立国の技術条件
     先進西洋の技術力と日本の課題 /三層の工業技術軍 
/工業軍の兵卒たる職工の役割 /商工業者連携の課題
  3 工業立国の倫理条件
     粗製濫造の責任問題 /イギリス人の品性 
/日本人工業家の道徳向上論
  4 工業社会における女性の役割
     女性の職業と技芸教育 /女性の天職としての家庭 
/条件整備としての工場法 /共立女子職業学校の教育方針
  5 人的基盤確立の教育課題
     普通教育の実用化 /専門教育の実用化 /上級学校進
     学熱の批判と適材教育の勧め
第四章 工業の人づくり活動
  1 活字による啓発運動
     西洋情報の収集と紹介 /報告書の執筆 /啓蒙雑誌の論説 
/自校のプロパガンダと青少年の啓発
  2 工業教育論の構築と提唱
     小学校の手工科教育論 /職工徒弟教育論 /工業補習教育論 
/ドイツ・イギリスの範例と義務補習教育論
  3 工業教育機関の設立支援
     高等工業学校の増設  /中等工業学校の開設  
/東京の工業教育計画
  4 学校を越えた啓発活動
     学校以外の教育  /蔵前高等工業のエクステンション事業  
/修養団の支援
  5 教育政策形成への参画
     政府委員としての経歴  /井上文政期の実業教育法制への協力
/学制に関する諮問機関での活動 /工業教育制度改革に関する
自筆草稿
第五章 手島精一と東京工業大学
  1 手島精一の学校経営
     蔵前高等工業の沿革概略 /手島精一の学校長報告  
/蔵前高等工業の教育方針  /手島校長時代の蔵前高等工業の
校勢拡張
  2 工業教育の範例づくり
     日本工業軍の本営としての蔵前  /工業教員養成所の範例  
/職工徒弟学校の範例  /工業補習学校の範例
  3 学生指導の基本理念
     国家観念の育成  /現業練習の奨励  /品性修養の意義
  4 アジア留学生の教育
     アジア留学生と蔵前高等工業  /学校長報告に出る留学生の受
け入れ状況  /手島精一の留学生教育観  
/中国人留学生の教育成果
  5 手島精一の果たした役割
     帝国大学と異なる工業教育の路線づくり  /帝国大学
     と蔵前高等工業の違い  /手島精一の自賛する「麗しき校風」
/関係者による手島精一の評価  /渋沢栄一と手島精一

あとがき
図版出典・所在一覧
手島語録出典一覧
索引
著者三好信浩 著
発行年月日1999年02月15日
頁数428頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1123-7
チラシPDFをダウンロードする