博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 近刊一覧

公認心理師・臨床心理士のための高次脳機能障害の診かた・考え方

定価: 2,750 (本体 2,500 円+税)

高次脳機能障害の診断全般を扱い、心理検査および神経心理学的検査について解説。アセスメントの実際をできるだけ具体的に提示する。

【著者略歴】
中野 光子(なかの みつこ)

横浜高次脳機能障害診断法研究会主宰 
日本心理臨床学会 名誉会員
1965年 東京都立大学人文学部心理学科卒業
1967年 東京都立大学大学院人文研究科修士課程修了
1973年 東京都立大学大学院人文研究科博士課程単位取得満期退学
2018年 博士学位取得(心理学) 首都大学東京(東京都立大学)大学院

大学院在学中よりフリーで約50年間複数の病院で臨床業務に従事して
きた。精神科、神経内科、脳外科、リハビリテーション科、小児科でア
セスメントとカウンセリング業務を、同時に青山学院大学、横浜市立大
学、横浜国立大学等で非常勤講師を兼任。停年まで「神経心理学」の講
義を担当した。現在は神経内科病院と総合病院の脳外科に非常勤で勤務
しているほか横浜高次脳機能障害診断法研修会を開催している。
目次を表示します。


序 章 高次脳機能障害の診断とは?
 0-1 高次脳機能障害の定義
 0-2 公認心理師・臨床心理士の役割

第1章 高次脳機能障害の診断の目的
 1-1 鑑別診断
  1-1-1 高次脳機能障害の有無、重症度の診断
  1-1-2 疾患の鑑別の資料として
 1-2 症状の回復や進行の程度を継時的に診断するための資料として
 1-3 手術の前後や投薬等による治療効果を検討するため
 1-4 治療方針の指針を探るため
 1-5 社会復帰の可能性を診断するため
 1-6 精神鑑定(司法精神鑑定)のため
 1-7 障害年金を受給する対象としての適否の診断
 1-8 成年後見制度の被後見人適用診断
 1-9 独居が可能か否かの目安として
 1-10 車の運転免許証更新の適否の診断
 1-11 遺言書を書く能力があるか否かの診断

第2章 アセスメントの実際
 2-1 環境
 2-2 面接
 2-3 行動観察
 2-4 高次脳機能障害診断の実際の流れ
 2-5 高次脳機能診断申込書
 2-6 アセスメント
  2-6-1 全般的知的レベルの診断
  2-6-2 当該疾患により生じたか? それ以前からある障害か?

第3章 高次脳機能障害の種類
 3-1 記憶
  3-1-1 心理学における記憶の研究
  3-1-2 心理学的記憶の分類
  3-1-3 HM氏 純粋健忘(pure amnesia)
  3-1-4 医学的記憶の分類と定義
  3-1-5 HM氏以外の純粋健忘(pure amnesia)の症例
  3-1-6 自験例1
  3-1-7 記憶障害の診断
 3-2 認知症(dementia)
  3-2-1 血管性認知症
  3-2-2 アルツハイマー病
  3-2-3 前頭側頭型変性症
  3-2-4 レビー小体型認知症(DLB)
  3-2-5 加齢に伴う物忘れ
  3-2-6 MCI (Mild Cognitive Impairment)
  3-2-7 認知症のアセスメント
 3-3 精神発達遅滞(Mental Retardation)
 3-4 失語症(aphasia)
 3-5 失読及び失書(alexia, agraphia)
 3-6 失算(acalculia, anarithmia)
 3-7 Gerstmann症候群
 3-8 失行症(apraxia)
 3-9 失認(agnosia)
 3-10 皮質盲(cortical blindness)
 3-11 左半側空間無視(left unilateral spatial neglect, or agnosia)
  3-11-1 半盲(hemianopsia, 視野欠損)
  3-11-2 自験例2
  3-11-3 自験例3
  3-11-4 自験例4

第4章 心理・神経心理学的検査
 4-1 検査を選ぶ目を養う
 4-2 全般的知的レベルの診断
  4-2-1 知能検査
  4-2-2 Stanford Binet Intelligence Scale
  4-2-3 鈴木ビネー式知能検査
  4-2-4 鈴木ビネー式知能検査に起源をもつ課題
  4-2-5 田中ビネー式知能検査V
  4-2-6 Wechsler 式知能検査
  4-2-7 WAIS-IV(Wechsler Adult Intelligence Scale IV)
  4-2-8 WISC-IV(Wechsler Intelligent Scale for Children IV)
  4-2-9 日本語版 COGNISTAT(Neurobehavioral Cognitive Status
   Examination)
  4-2-10 K・ABC 心理:教育アセスメントバッテリー
  4-2-11 Raven's Progressive Matrices
  4-2-12 新版K式発達検査2001
 4-3 視覚構成能力の検査
  4-3-1 コース立方体組み合わせテスト(Kohs block design test)
  4-3-2 フロスティッグ視知覚発達検査(Developmental Test of Visual Perception)
 4-4 利き手テスト
  4-4-1 Edinburgh Handedness Inventory
 4-5 記憶の検査
  4-5-1 ウェクスラー記憶検査法(Wechsler Memory Scale-Revised: WMS-R)
  4-5-2 日本版リバミード行動記憶検査(The Rivermead Behavioural
   Memory Test: RBMT)
  4-5-3 Rey's Auditory Verbal Learning Test(RAVLT)
  4-5-4 Rey's Complex Figure Test(RCFT)
  4-5-5 ベントン視覚記銘検査(Benton Visual Retention Test)
  4-5-6 東大脳研式記銘力検査(三宅式記銘力検査)
  4-5-7 鈴木ビネー式知能検査 43問 44問(MA10歳級)
  4-5-8 MMS 言語記憶検査(Meaningful and Meningless Syllable Memory Test, 有意味、無意味綴り言語記憶検査)
  4-5-9 ADAS(Alzheimer's Disease Assessment Scale)
 4-6 失語症検査
  4-6-1 標準失語症検査(Standard Language Test of Aphasia: SLTA)
  4-6-2 WAB失語症検査(the Western Aphasia Battery)
  4-6-3 トークンテスト(Token Test)
 4-7 動作性検査
 4-8 視知覚検査
 4-9 前頭葉テスト
  4-9-1 Behavioural Assessment of the Dysexecutive Syndrome(BADS)遂行機能障害症候群の行動評価
  4-9-2 Wisconsin Card Sorting Test(WCST, 中野式 1990)
  4-9-3 改訂版ハノイの塔(Revised Tower of Toronto Test)
  4-9-4 Frontal Assessment Battery(FAB)
  4-9-5 Trail Making Test
 4-10 左半側空間無視検査
  4-10-1 左半側空間無視用スクリーニングテスト
  4-10-2 BIT行動性無視検査 日本版
 4-11 注意・意欲
 4-12 その他の検査
  4-12-1 Bender Gestalt Test(Visual Motor Gestalt Test)
  4-12-2 内田クレペリン精神検査
  4-12-3 文章完成法(Sentence Compliment Test: SCT)
 4-13 認知症スクリーニングツール
  4-13-1 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)
  4-13-2 MMSE(Mini-Mental State Examination)
  4-13-3 MoCA-J(The Montreal Cognitive Assessment-J)
  4-13-4 観察式
 4-14 テストバッテリー

第5章 所見の書き方

参考資料 脳

参考・引用文献
あとがき
著者中野光子著
発行年月日2021年05月20日
頁数230頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2385-8