博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 近刊一覧

中学校学校図書館における生徒の居方に関する検討

定価: 8,800 (本体 8,000 円+税)

新居 池津子(あらい ちづこ)

1975年 東京都で生まれる
1997年 清泉女子大学文学部国文学科卒業
2017年 東京大学大学院教育学研究科修士課程修了
2020年 東京大学大学院教育学研究科博士課程修了
博士(教育学)

現在、東京大学大学院教育学研究員、
都留文科大学教職課程科目担当非常勤講師
川村学園女子大学司書教諭課程科目・司書課程科目担当非常勤講師、
神戸女子大学司書課程科目担当非常勤講師
目次を表示します。
はじめに

第Ⅰ部 問題と目的
第1章 学校図書館を捉える諸視点
 第1節 機能としての学校図書館
  第1項 センターとしての機能
  第2項 環境としての機能
  第3項 居場所としての機能
 第2節 学校図書館に関わる領域の研究動向
  第1項 教育学の領域における場所に関わる研究動向
  第2項 建築学の領域における場所に関わる研究動向
 第3節 本論における課題
  第1項 研究対象に関する課題
  第2項 研究視座に関する課題
  第3項 研究方法に関する課題
 第4節 本論の理論的枠組み:居方というアプローチへの着目
 第5節 本論の目的と構成

第2章 方法
 第1節 研究協力者
 第2節 フィールドの概要
  第1項 A中学校
  第2項 B中学校
 第3節 A中学校学校図書館における図書資料と家具の配置及び種類
  第1項 図書資料の蔵書数と日本十進分類法に基づく構成比率
  第2項 NDCに基づく図書資料の排架と書架の配置及び通路の幅
  第3項 閲覧机と椅子
  第4項 書架の数と形
  第5項 腰掛け
  第6項 館内における「仮想境界面」
 第4節 B中学校学校図書館における図書資料と家具の配置及び種類
  第1項 図書資料の蔵書数と日本十進分類法に基づく構成比率
  第2項 NDCに基づく図書資料の排架と書架の配置及び通路の幅
  第3項 閲覧机と椅子
  第4項 書架の数と形
  第5項 腰掛け
  第6項 館内における「仮想境界面」
 第5節 データの収集方法
  第1項 参与観察
  第2項 データの記録方法
  第3項 インタビュー
  第4項 インタビュー・ガイド
  第5項 質問紙調査
 第6節 データ分析の方法
 第7節 倫理的配慮
 第8節 収集データ
  第1項 A中学校
  第2項 B中学校

第Ⅱ部 中学校学校図書館における生徒の居方に関する実証研究
第3章 館内の物理的な特徴に着目した生徒の居方に関する検討
 第1節 本章の目的
 第2節 方法
  第1項 質問紙調査
  第2項 参与観察
 第3節 課外活動における生徒の居方に関する検討
  第1項 学校図書館の利用に関する質問紙調査
  第2項 生徒の行為の様相
  第3項 考察
 第4節 館内の物理的な特徴に着目した生徒の居方に関する事例分析
  第1項 [閲覧席]における生徒の居方
  第2項 [カウンター付近]における生徒の居方
  第3項 [書架の前]における生徒の居方
  第4項 [台座①]における生徒の居方
  第5項 [台座②]における生徒の居方
  第6項 [マンガがある書庫の中]における生徒の居方
 第5節 考察

第4章 閲覧机・書架に着目した生徒の居方に関する検討
 第1節 本章の目的
 第2節 方法
 第3節 読書活動における生徒の居方に関する検討
  第1項 生徒と教師の相互作用
  第2項 生徒の行為の様相
  第3項 閲覧机に着目した生徒の居方に関する事例分析
  第4項 結果と考察
 第4節 探究的な学習活動における生徒の居方に関する検討
  第1項 生徒と教師の相互作用
  第2項 生徒の行為の様相
  第3項 書架に着目した生徒の居方に関する事例分析
  第4項 結果と考察
 第5節 考察

第5章 「仮想境界面」に着目した生徒の居方に関する検討
 第1節 本章の目的
 第2節 方法
 第3節 読書活動における生徒の居方に関する事例分析
  第1項 「仮想境界面」に関わる教師の支援
  第2項 抽出生徒の選定
  第3項 「仮想境界面」に着目した生徒の居方に関する検討
  第4項 結果と考察
 第4節 探究的な学習活動における生徒の居方に関する事例分析
  第1項 「仮想境界面」に関わる教師の支援
  第2項 抽出生徒の選定
  第3項 「仮想境界面」に着目した生徒の居方に関する検討
  第4項 結果と考察
 第5節 考察

第Ⅲ部 総合考察
第6章 総合考察
 第1節 第Ⅰ部のまとめ
 第2節 第Ⅱ部の総括
  第1項 第3章の知見
  第2項 第4章の知見
  第3項 第5章の知見
  第4項 第Ⅱ部の意義
 第3節 本論の理論的枠組みと方法上の意義と限界
 第4節 今後の課題

文献・注
初出一覧
謝辞
付録
索引
著者新居池津子 著
発行年月日2021年06月20日
頁数338頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2387-2