博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

「子供が良くなる講談社の絵本」の研究

解説と細目データベース

定価:本体 8,000 円+税

絵本史に大きな影響を与えた昭和10年代「講談社の絵本」叢書203冊を分析、多数の図を掲載。細部まですべてデータ化、CDで添付。作品、作家、画家他、多様な検索が可能。

【著者略歴】
阿部紀子(あべ のりこ)
1948年静岡県生まれ。静岡大学卒業、上越教育大学大学院修士課程修了。
現在、愛知江南短期大学教授。
※略歴は刊行当時のものです※
目次を表示します。
はじめに
Ⅰ 「講談社の絵本」叢書の意義と解説
 第1章 総論
  1 絵本史における「講談社の絵本」刊行の意義
   (1)絵本刊行の功績
   (2)子ども用絵本の書籍としての認知
   (3)印刷技術進歩への貢献
   (4)絵本史における負の評価
  2 分野別分類概説
  3 装幀等叢書概観
 第2章 分野別各論
  1 偉人伝絵本
   (1)叢書の核となる偉人伝
   (2)出世物語から、命をかけた天皇への忠義
   (3)赤本絵本への波及
   (4)偉人伝が理想とする女性像
  2 お伽話絵本
   (1)物語絵本と呼べるもの
   (2)扉に現れる「絵本」の成立
   (3)現代絵本につながる絵本作品
  3 知識絵本
   (1)「知識絵本」の分類
   (2)「知識絵本」に加えたいもの
     ① 子どもの遊びや日常
     ② 理科と物語の融合
     ③ 地理・歴史絵本
     ④ 歌の絵本
   (3)「知識絵本」とは言えないもの
     ① 「軍事絵本」に入れるべきもの
     ② 「偉人伝絵本」に入れたいもの
   (4)特筆すべき「知識絵本」
     ① 『子供知識』が示す「知識絵本」の意図
     ② 太陽エネルギーに集約する『自然界のいろいろ』
     ③ 『海の大画報』で知る海の豊かさ
     ④ 花、鳥、虫、命の美しさ
  4 軍事絵本
   (1)軍事絵本の発行へ
   (2)戦争画前史
   (3)絵に求められた危険な役割
     ① 勝利の象徴として
     ② 失敗も死と共に英雄として利用
   (4)画像が作るイメージ
     ① 絵から固定される人柄
     ② 勇気ではなく、命を粗末にすること
   (5)絵本における日本刀
     ① チャンバラ活劇となる戦争
     ② 昔でもあり得ない戦闘の形
     ③ 思考停止の「日本」
   (6)意図しない真実がにじみ出る画像
  5 漫画絵本
   (1)「漫画集」発行の背景と賞賛
   (2)漫画と抱き合わされる戦時教育
   (3)人気連載漫画
     ① ユーモア時代劇「キバツ三勇士」他
     ② 「玩太郎日記」は「玩太郎大将」へ変質
     ③ 「支那事変」を戦う「チビワン突貫兵」
     ④ 戦時の優等生「カバサン」
     ⑤ 手塚治虫につながる「虎の子トラチャン」
Ⅱ 「講談社の絵本」叢書 細目データベース
  1 細目データベース解説と検索方法
  2 「講談社の絵本」細目
  3 作家一覧
おわりに
著者阿部紀子 著
発行年月日2011年02月28日
頁数374頁
判型 B5
ISBNコード978-4-7599-1848-9

関連書籍


『尋常小学算術』と多田北烏

上垣渉・阿部紀子 著

定価:本体 7,000 円+税


近代日本の<絵解きの空間>

大橋眞由美 著

定価:本体 8,000 円+税


絵本という文化財に内在する機能

永田桂子 著

定価:本体 3,800 円+税