博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 近刊一覧

山口仲美著作集 2言葉から迫る平安文学 2

仮名作品

定価:本体 5,800 円+税

 第二巻は、平安時代の仮名で書かれた『源氏物語』以外の日記・随筆・
物語を対象に、言語学的側面からさまざまな問題を追究。四部から成る。
Ⅰ部は、導入部的な論。
 Ⅱ部は、「物語と日記の言葉と文体」。平安文学作品全体の文体にかかわる問題と、竹取物語・和泉式部日記といった個別の作品の言葉と文体にかかわる問題を取り扱う。
 Ⅲ部は、「『枕草子』新しい読み方」。『枕草子』をマナー集として読むという新しい読み方を提示し、『枕草子』の魅力を味わう。
 Ⅳ部は、「研究余滴」。仮名文学作品を読んでいて、疑問に思ったこと、感動したこと、主張したくなったことなどを、エッセイ風にまとめたものを収録。

【著者略歴】
山口仲美(やまぐち なかみ)
1943年静岡県生まれ。お茶の水女子大学卒業。
東京大学大学院修士課程修了。文学博士。
現在―埼玉大学名誉教授。
専門―日本語学( 日本語史・古典の文体・オノマトペの歴史)
著書―『平安文学の文体の研究』( 明治書院、第12回金田一京助博士記念賞)、『平安朝の言葉と文体』(風間書房)、『日本語の歴史』(岩波書店、第
55回日本エッセイスト・クラブ賞)、『犬は「びよ」と鳴いていた』(光文社)、『日本語の古典』(岩波書店)など多数。
2008年紫綬褒章、2016年瑞宝中綬章受章。
専門分野関係のテレビ・ラジオ番組にも多数出演。
目次を表示します。

ただいま準備中です。
著者山口仲美 著
発行年月日2018年10月31日
頁数614頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2238-7

関連書籍

山口仲美著作集 1
言葉から迫る平安文学 1

山口仲美 著

定価:本体 5,800 円+税