博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 残部僅少

歌学秘伝の研究

定価:本体 20,000 円+税

和歌についての学問は秘密を持つことによって進展した。仏教、神道、陰陽などの思想は渾然として秘密を尊厳なものとする。思想、文化の相をも視野に入れた名著。
目次を表示します。
秘密のある世界
第一章 伝授の発生
 第一節 師資相承の系譜
 第二節 秘密の存在
 第三節 和歌の守護神
 第四節 伝授と歌学
第二章 伝授の方式とそれによる時代区分
 第一節 灌頂伝授の方式―灌頂伝授期
 第二節 切紙による伝授―切紙伝授期
 第三節 神道伝授の方式―神道伝授期
第三章 灌頂伝授期における流派と秘事
 第一節 為顕流―『竹園抄』系歌論
  一-一 『竹園抄』の周辺
  (1)『竹園抄』と為顕 (2)『深秘九章』と『玉伝集和歌最頂』
  (3)『新撰帝説集』  (4)『玉伝集』と『阿古根浦口伝』
  一-二 『玉伝深秘巻』という書
  (1)為顕流の血脈 (2)『石見女式』 (3)『和歌淵底秘抄』
  一-三 能基『古今和歌集序聞書』
  一-四 灌頂の名を持つ諸書
  (1)『和歌古今灌頂巻』 (2) 『古今和歌集灌頂巻』
  (3)『古今和歌集灌頂口伝』
  一-五 『古今和歌集灌頂口伝』における為顕流
  (1)伊長江という書 (2)静嘉堂文庫本『古今集師資相承血脈譜』
 第二節 家隆流―『和歌口伝抄』系歌論
  二-一 『和歌灌頂次第秘密抄』とその奥儀書
  (1)『和歌灌頂次第秘密抄』 (2)奥儀の書『六条家秘抄』
  二-二 『和歌知顕集』の二つの形
  二-三 『和歌口伝抄』と『和歌灌頂伝』
  二-四 『古今和歌集序注』のことなど
 第三節 為世流―『悦目抄』系歌論
  三-一 『和歌三重之大事』の成宰
  (1)『和歌三重之大事』 (2)理達という人物
  (3)『和歌三重之大事』と『和歌肝要』
  三-二 『和歌三重之大事』の変貌
  (1)『和歌三重之大事』と『和歌大綱』  
  (2)『玉伝深秘巻』の伝える本
  (3)『悦目抄』の構成  (4)八戸市立図書館本『和歌三重大事』
  三-三 『悦目抄』の変貌
  (1)『一子伝』     (2)『上眇抄』
  (3)伊勢神宮に伝えられた本  (4)『鷺箱極秘抄』
  三-四 諸本論にかえて
 第四節 為実流―鵜鷺系歌論・その他の流派
  四-一『三五記 下』をめぐって
  四-二 諸流派の関係と作者群
第四章 切紙による伝授
 第一節 灌頂伝授期の秘事の流転
  一-一 秘事の集成
  (1)秘事資料       (2)流派の輪郭―冷泉流
  (3)流派の輪郭―二条流
  一-二 秘事の変貌
  (1)宗哲の立場     (2)相伝次第という名の書のこと
  (3)切紙としての伝来  (4)宗哲の立場、再説 
 第二節 『八雲神詠伝』の成立と流伝
  二-一 神道者流『八雲神詠伝』の成立
  (1)諸本 (2)成立
  二-二 神道者流『八雲神詠伝』の流伝
  二-三 『八雲神詠伝』の成立、再説
  (1)作者 (2)『宗祗流切紙口伝』
 第三節 三鳥三木の持つ意味
  三-三 〝おかたまのき″の系譜
  (1)灌頂伝授期 (2)切紙伝授期 (3)神道伝授期
  三-二 〝よふことり″の系譜
  (1)灌頂伝授期 (2)切紙伝授期 (3)神道伝授期
第五章 秘伝の背景
 第一節 流派の形成に関わること
  一 『古今著聞集』巻第五和歌編と家隆流との関係
  (1)巻第五和歌編補入語の構造  (2)『古今著聞集』における家隆
  (3)巻第五和歌編後半部の持つ意味 (4)家隆流の形成
 第二節 真言の秘密に関わること
  二-一 一首六義の秘事
  二-二 真言の秘法―〝よぶこ鳥″の秘事
《資料編》
  一 和歌古今灌頂巻(神官文庫蔵)
  二 柿本人麿之事(三輪蔵)
あとがき
索引
著者三輪正胤 著
発行年月日1994年03月15日
頁数528頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-0869-5