博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

自閉症児の語用論的能力に関する実証的研究

指示詞コ・ソ・アからの検討

定価:本体 6,500 円+税
自閉症児の語用論的能力の特徴とその関連要因を、指示詞の表出と理解面から実験及び自然観察による実証的データにより検討。教育的支援への手がかりを示す。

【著者略歴】
伊藤恵子(いとう けいこ)
東北大学大学院教育学研究科博士課程修了 博士(教育学)
2000年 東京福祉大学社会福祉学部 社会福祉学科 専任講師
2005年 茨城キリスト教大学文学部 児童教育学科 助教授
現 在  東京未来大学こども心理学部 こども心理学科 准教授 
目次を表示します。
序文(田中真理)
はじめに
序章 研究全体の問題と目的
 第1節 自閉症児におけるコミュニケーションの特異性
 第2節 定型発達からみた自閉症児の言語獲得の特異性
 第3節 本研究の目的と構成
第Ⅰ部 指示詞コ・ソ・アの表出からみた自閉症児における語用論的能力の特徴
第1章 指示詞の獲得に関する先行研究の概観
 第1節 系ごとの指示詞出現順序に関する発達的研究
 第2節 次元ごとの指示詞出現順序に関する発達的研究
 第3節 身近な他者の発話量との関連から指示詞出現順序を検討した研究
第2章 指示詞の出現順序に関連する要因
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
第3章 指示詞の表出からみた自閉症児における語用論的能力の特徴
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
 第Ⅰ部の要約
第Ⅱ部 指示詞コ・ソ・アの理解からみた自閉症児における語用論的能力の特徴
第4章 指示詞の理解における発達的変化
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
第5章 指示詞の理解からみた自閉症児における語用論的能力の特徴
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
 第Ⅱ部の要約
第Ⅲ部 指示詞コ・ソ・アからみた自閉症児における語用論的能力の特徴に関連する要因
第6章 自閉症児における指示詞理解と他者視点取得能力及び知的能力との関連
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
第7章 自閉症児の指示詞理解における非言語的手がかりの影響
 第1節 目的
 第2節 方法
 第3節 結果
 第4節 考察
 第Ⅲ部の要約
終章 総合考察と今後の課題
 第1節 結果の要約
 第2節 総合考察
 第3節 支援への提言
 第4節 本研究の意義
 第5節 今後の課題
文献
付記
謝辞
著者伊藤恵子 著
発行年月日2008年12月25日
頁数186頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1709-3