博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

歌合・定数歌全釈叢書9為忠家初度百首全釈

定価:本体 16,000 円+税

藤原為忠の主催で初学期の顕広(俊成)・頼政を含む八人の歌人が詠んだ和歌史上初の結題による百題百首。俗語・奇語が多く国語学的にも注目される作品の初の全釈。

【著者略歴】
家永香織(いえなが かおり)
1962年栃木県生。
1985年お茶の水大学文教育学部卒業。
1994年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
白百合女子大学・聖学院大学非常勤講師

論文「『堀河百首』における万葉語摂取の様相」(『講座 平安文学論究 第十七輯』2003年 風間書房)
目次を表示します。
凡例
全釈
解説
索引
 初句索引
 地名索引
 歌語索引
あとがき
著者家永香織 著
発行年月日2007年05月15日
頁数564頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1632-4

関連書籍

歌合・定数歌全釈叢書15
為忠家後度百首全釈

家永香織 著

定価:本体 17,000 円+税