博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

歌合・定数歌全釈叢書8文集百首全釈

定価:本体 16,000 円+税

慈円、定家、寂身が詠じた『白氏文集』詩句題による百首歌を詳細に読み解き、全釈と解説を施した力作。三者三様の表現の中に構築された和と漢の融け合う世界が、今蘇る。

【執筆者紹介】
片山享 甲南女子大学名誉教授

浅田有紀子 甲南女子大学大学院博士前期課程退学
岩井 宏子 甲南女子大学非常勤講師
藏中さやか 神戸女学院大学助教授
小山 順子 日本学術振興会特別研究員
近藤美奈子 甲南女子大学非常勤講師
重松 麻希 辻調グループ校辻静雄料理教育研究所
田中佐代子 神戸松蔭女子学院大学非常勤講師
田中 幹子 札幌大学助教授
細川知佐子 大阪大学大学院博士後期課程
松村洋二郎 追手門学院中高等学校講師
宮井 京子 甲南女子大学大学院博士前期課程修了
米田 明美 甲南女子大学助教授
目次を表示します。
凡例
全釈
解説
 一 「文集百首」における慈円の撰句について
 二 「文集百首」句題本文の性格について
 三 慈円歌と定家歌の違いについて
 四 寂身と「文集百首」
 五 八条院高倉の詠について
 六 名所詠について
 七 新古今時代の『白氏文集』の受容と「文集百首」
 八 祐徳稲荷神社中川文庫蔵『文集句題』について
〈表Ⅰ〉句題の出典及び【句題の他出状況】一覧
〈表Ⅱ〉句題・原詩句異同一覧
索引
あとがき
著者文集百首研究会 著
発行年月日2007年02月28日
頁数600頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1624-9