博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

コンフリクト解決のカウンセリング

マクロ・カウンセリングの立場から

定価:本体 2,800 円+税
コンフリクト解決のためのアプローチとしてマクロ・カウンセリング理論とトランセンド法を統合。学校現場を中心にコンフリクトの創造的解決・転換を目指した書。

【著者略歴】
井上孝代(いのうえ たかよ)
九州大学大学院文学研究科博士課程単位満期退学(心理学専攻)。東京外国語大学留学生日本語教育センター教授を経て1998年より明治学院大学心理学部教授。2012年4月より明治学院大学副学長。博士(教育心理学)。臨床心理士。病院、社会福祉、教育機関の心理カウンセラー、グループワーカー、家庭裁判所調停員、自治体の各種審議会委員、総務庁「第11回世界青年の船」指導官/カウンセラーなどを経験。マクロ・カウンセリング研究会主宰者として、マクロ・カウンセリングを提唱。トランセンド研究会前会長。
目次を表示します。
序文 
第1部 マクロ・カウンセリングとコンフリクト解決
 第1章 「マクロ・カウンセリング」の考え方とカウンセラーの役割
 第2章 マクロ・カウンセリングにおける共感の意義
     ―共感的コミュニケーションと多文化共感性の教育―
 第3章 臨床心理学における「エンパワーメント」概念とマクロ・カウンセリングでの位置づけ
 第4章 マクロ・カウンセリングの14の活動とトランセンド法
第2部 学校におけるコンフリクトとその解決
 第5章 高校コンサルテーションの実際と理論的課題
     ―コーディネーション委員会へのコンサルタントとしての関わりを通して―
 第6章 学校カウンセリングにおけるMEASURE法は日本で活用可能か
 第7章 高校ステークホルダーのコンフリクトについての個人別態度構造分析
     ―レパートリーグリッド法を用いた対話法による「HITY法」の可能性―
 第8章 高等学校のステークホルダーの葛藤対処方略スタイルと適応
     ―教職員のバーンアウト傾向及び学校特性の認知との関連―
第3部 家庭と多文化コミュニケーションにおけるコンフリクトとその解決
 第9章 社会的ひきこもり青年へのマクロ・カウンセリング的アプローチ
     ―PAC分析による心理的理解とトランセンド法―
 第10章 「世界青年の船」日本人参加青年の体験の意義とマクロ・カウンセリング的援助
あとがき
著者井上孝代 著
発行年月日2012年03月31日
頁数276頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1928-9

関連書籍


臨床心理士・カウンセラーによるアドボカシー

井上孝代 編著

定価:本体 2,500 円+税


スクールカウンセリングの新しいパラダイム

C.B.ストーン・C.A.ダヒア 著/井上孝代 監訳/伊藤武彦・石原静子 訳

定価:本体 2,800 円+税


心理支援論

井上孝代・山崎晃・藤﨑眞知代 編著

定価:本体 2,500 円+税


プログラムを成功に導くGTOの10ステップ

M.チンマン・P.イム・A.ワンダーズマン 著/井上孝代・伊藤武彦 監訳/池田満・池田琴恵 訳

定価:本体 2,800 円+税