博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

知的障害のある青年達の音楽行為

曲づくり・歌づくりの事例分析による

定価:本体 5,500 円+税
知的障害のある青年たちの生み出す音楽は、生のエネルギーに充ち満ちている。彼らの音楽行為の生の姿を、教育学・音楽学の立場から考察した画期的な研究。

【著者略歴】
下出美智子(しもで みちこ)
1994年 大阪教育大学大学院教育学研究科(音楽教育専攻)修士課程修了
2007年 ザルツブルグ・モーツァルテウム(音楽)大学オルフ研究所
      (Universit★(アーウムラウト)t Mozarteum Salzburg Orff Institut)留学
2010年 大阪大学大学院文学研究科(文化表現論専攻)博士後期課程修了
      大阪大学より文学博士
大阪教育大学、奈良教育大学非常勤講師などを経て、
現在、東京福祉大学准教授
専門は音楽教育学、音楽学、特に知的障害児の音楽表現論
目次を表示します。
譜例の主な記号の説明
序章 
 1 研究動機
 2 研究の目的
 3 研究の方法
 4 先行研究
 5 論文の基本構成
 6 人権に対する配慮
 7 譜例とDVDの作成
第1章 知的障害のある青年とは
 第1節 障害の捉え方
 第2節 知的障害とは何か
第2章 絵本『ころころころ』を題材とする曲づくりの諸事例
 第1節 曲づくりを行う青年達
 第2節 曲づくりの概要
 第3節 曲づくりの諸事例
 第4節 考察
第3章 音楽行為にみられる言葉と音楽(曲)との関わり―擬音語・擬態語を素材として―
 第1節 曲づくりに連なる言葉
 第2節 曲づくりの概要
 第3節 曲づくりの諸事例
 第4節 考察
第4章 音楽行為にみられる言葉と音楽(歌)との関わり―自分達が作った詩を素材として―
 第1節 歌づくりに連なる言葉
 第2節 歌づくりの概要
 第3節 歌づくりの諸事例
 第4節 考察
第5章 音楽行為におけるイメージの働き―童話『雪渡り』の詩を素材として―
 第1節 イメージの現れとしての発話
 第2節 曲づくりの概要
 第3節 曲づくりの諸事例
 第4節 考察
第6章 知的障害のある青年達の音楽行為における独自性―身体性と言語性―
 第1節 音楽行為における身体の作用
 第2節 音楽行為における言語の作用
参考文献
初出一覧
謝辞
論文要旨
Summary
著者下出美智子 著
発行年月日2011年12月25日
頁数160頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-1889-2

関連書籍


言葉・動き・音楽による表現の実践的研究

下出美智子 著

定価:本体 6,000 円+税