博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

日本詩歌への新視点

廣木一人教授退職記念論集

定価:本体 8,000 円+税

廣木一人先生の退職記念に若き俊英たちが寄せた研究成果。新しい視点に富んだ日本の代表的な韻文学に関わる論考を展開。
目次を表示します。

はじめに

和歌・連歌・俳諧(俳諧連歌)という文学―韻文学史観構築のために―  廣木一人
旅の「夜」を詠む羇旅歌―題詠と羇旅部の変遷― 
 ボニー・マックルーア
宗尊親王の万葉歌摂取の一手法―『文応三百首』八五番歌の本文を巡って―  佐藤智広
鎌倉・南北朝期における中殿和歌御会と三席御会  山本啓介
『長短抄』と『竹園抄』  梅田 径
『実隆公記』文明八年十月条に見える「名所部類」編纂活動について  嘉村雅江
冷泉為和の和歌表現―『蔵玉集』との関わりを通して―  岡﨑真紀子
鷺水浮世草子における引用和歌―『御伽百物語』の手法を端緒として―  藤川雅恵
大田垣蓮月の画賛観  田代一葉
連歌テニハ論と『知連抄』テニハ付合法の性格  寺尾麻里
能阿『集百句之連歌』の再検討  大谷 大
『河越千句』の異同と式目―連歌の本文生成のプロセス―  生田慶穂
付合はどこから来たのか  松本麻子
付句集『春夢草』古注の性格  浅井美峰
「うつほ寄合」と荒木田麗女  雲岡 梓
近世前期(芭蕉以前)における恋俳諧―「恋の詞」の有無を中心に― 
 永田英理
園女自撰集『菊の塵』に見る菊の句  木下 優
笑話のなかの俳諧  藤井史果
俳句革新運動期における「新題」  福井咲久良
石川淳と俳諧―「修羅」「至福千年」の構造を中心として―  若松伸哉
失われた風景を追う―内田百閒『阿房列車』の中の唱歌― 
 西井弥生子
中世日本の辺境認識―東方の境界領域「外の浜」をめぐって― 
 杉山和也
『平家物語』における和歌一覧(巻一~巻六) 
 園部真奈美・高橋亜紀子・高村桂子・田村睦美
柿衞文庫蔵『歴翁廿四歌仙』翻刻と解題  稲葉有祐

業績一覧
あとがき
著者廣木一人教授退職記念論集刊行委員会 編
発行年月日2017年03月26日
頁数592頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2178-6

関連書籍


連歌の心と会席

廣木一人 著

定価:本体 2,800 円+税


文芸会席作法書集

廣木一人・松本麻子・山本啓介 編

定価:本体 7,500 円+税