新着情報/(株)風間書房 心理学・教育学・国文学など学術専門書の出版社

HOME > 新着情報

朝日新聞サンヤツ 2024年5月17日朝刊掲載

asa20240517.jpg


立体的に見る外国につながる子どもの教育課題

「共生」の教育創造に向けた〈関係形成〉〈理解・認識〉の内容と連関

「子どもの論理」に培う小学校国語教育の実践研究

【ゴールデンウィーク期間中 4月29日(月)~5月6日(月)の営業日のお知らせ】


ゴールデンウィーク期間は暦通り(カレンダー通り)のお休みとさせていただきます。営業日は下記のとおりです。

 ・4月30日(火)
 ・5月1日(水)
 ・5月2日(木)

4月29日(月)、5月3日(金)~5月6日(月)は休業させていただき、
5月7日(火)より、通常通り営業いたします。

休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

朝日新聞サンヤツ 2024年4月12日朝刊掲載

asa20240412.jpg


日本キャリア教育事始め

高橋五山の総合的研究

清朝皇帝とモンゴル僧

朝日新聞サンヤツ 2024年3月15日朝刊掲載

asa20240315.jpg


レリバンスの構築を目指す令和型学校教育

社会科・地理教育実践学の探求

社会系教科の評価をめぐる理論と実践

子どもの心理と教育内容の論理を結びつけた社会科授業

『生きるための絵本』著者の正置友子先生が、子ども文庫功労賞を受賞されました。

『生きるための絵本』著者の正置友子先生が、伊藤忠記念財団の子ども文庫助成事業において、
子ども文庫功労賞(2023年度)を受賞されました。

子ども文庫功労賞は、読書啓発活動に長年(20年以上)携わり、子どもの読書活動に貢献されてきた個人に贈られるもので、
長年にわたる青山台文庫での活動が対象となりました。
受賞おめでとうございます。

伊藤忠記念財団の子ども文庫助成事業の詳細については、下記ホームページをご覧ください。

伊藤忠記念財団 事業概要
https://www.itc-zaidan.or.jp/summary/

2023年度受領決定者公開のお知らせ
https://www.itc-zaidan.or.jp/topics/detail/395

【書評および新聞記事掲載のお知らせ】正置友子著『生きるための絵本』

「週刊読書人」3月1日号、「図書新聞」3月2日号(3629号)にて『生きるための絵本―命生まれるときから命尽きるときまでの絵本127冊―』(正置友子著)の書評が掲載されました。

また、朝日新聞(2024年3月6日・夕刊)にて、本書の紹介記事が掲載されております。

朝日新聞の記事は、「朝日デジタル」(有料記事)でもご覧いただけます(人生と伴走、絵本が育む生きる力 私設文庫50年続ける研究者・正置友子さん https://www.asahi.com/articles/DA3S15880457.html)。

9784759924879.jpg

朝日新聞サンヤツ 2024年2月19日朝刊掲載

asa20240219.jpg


LGBの精神的健康に関する心理学的研究

別居・離婚後の子どもの心理的適応に関する研究

1958年小学校学習指導要領の改訂過程

中国における就学前教育のカリキュラム改革

早産低出生体重児を持つ養育者の育児ストレスとサポート

ゴーチエにおける芸術教育思想の特質

アグネス・マーチンの絵画における抽象表現と精神性

【終了いたしました】『生きるための絵本』発刊記念、正置友子先生サイン会

丸善京都本店にて、2月12日(月)13時より行われました『生きるための絵本』発刊記念、正置友子先生サイン会は無事終了いたしました。
たくさんの方々にご参加いただきありがとうございました。

『生きるための絵本』刊行記念フェアは、2月末日まで開催されております。
みなさま、是非お立ち寄りください。

丸善京都本店 正置友子先生フェア 4-1.jpg 丸善京都本店 正置友子先生フェア 5.jpg

丸善京都本店 正置友子先生フェア 1.jpg 丸善京都本店 正置友子先生フェア 2.jpg

丸善京都本店 正置友子先生フェア 3.jpg



2024年2月11日より丸善京都本店にて『生きるための絵本』発刊記念フェアを開催予定です

丸善京都本店にて、2024年2月11日(日)〜2月末日まで、
『生きるための絵本』の発刊記念として、紹介されている絵本とともにフェアが開催されます。
2月12日(月)13時より著者の正置友子先生もご来店し、購入者にサインをされる予定です。
是非お立ち寄りください。

讀賣新聞サンヤツ 2024年元日朝刊掲載

yomi20240101.jpg


生きるための絵本

「語る子ども」としてのヤングアダルト

アーカイブ

このページのトップへ