新着情報/(株)風間書房 心理学・教育学・国文学など学術専門書の出版社

HOME > 新着情報

朝日新聞サンヤツ 2020年元日朝刊掲載

asa20200101.jpg


山口仲美著作集 6 オノマトペの歴史 2

モンゴルの歴史と社会

読売新聞サンヤツ 2020年元日朝刊掲載

yomi20200101.jpg


こころとからだが楽になる音楽活用術

漱石がいた熊本

オノマトペの歴史2(山口仲美著作集6)

【年末年始休業のお知らせ】

弊社では年末年始を下記のとおり休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。

年末年始休業期間:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

1月6日(月)より、通常通り営業致します。

尚、休業期間中のホームページからのご注文は1月6日以降に対応致します。

朝日新聞サンヤツ 2019年12月20日朝刊掲載

asa20191220.jpg

パートナーに対する暴力のメカニズム

小中学生の学級集団内の友人グループに関する研究

新版K式発達検査の精密化に関する発達心理学的研究

児童の主張における他者配慮

高校生のいじめの心理社会的要因と防止教育実践の評価

美術教育における技術の位置付け

自閉スペクトラム症児の社会的スキルに関する研究

2019年11月14日『朝日新聞』朝刊に、「プロが観る国会論戦」として髙橋哲先生の記事が掲載されました。

2019年11月14日(木)朝日新聞 朝刊に「プロが観る国会論戦」として、
現代米国の教員団体と教育労働法制改革』著者の髙橋哲先生による
教員の働き方改革 残業時間は減らせないの記事が掲載されました。

 ・(プロが観る国会論戦)教員の働き方改革 残業時間は減らせない 高橋哲さん

           (『朝日新聞デジタル』 会員限定の有料記事です。一部、概要をご覧になれます。


『発達障害等の子どもの食の困難と発達支援』著者の田部絢子先生と髙橋智先生による共同研究成果の記事が、『毎日新聞』に掲載されました。

発達障害等の子どもの食の困難と発達支援』著者の田部絢子先生と髙橋智先生による、
「発達障害の食の困難と発達支援」に関する共同研究成果の記事が『毎日新聞』(20191028、夕刊)およびウェブサイト版にて掲載されました。

 ・発達障害、箸と会話の両立困難(その1) ぼくが食べられない理由知って
 ・発達障害、箸と会話の両立困難(その2止) 食べられないのは悪いことじゃない
           (会員限定の有料記事です。一部、概要をご覧になれます。


『『家なき子』の原典と初期邦訳の文化社会史的研究』著者の渡辺貴規子先生が第43回 日本児童文学学会奨励賞を受賞されました。

第43回日本児童文学学会奨励賞を渡辺貴規子先生が受賞されました。
対象となった研究業績は小社刊行の『『家なき子』の原典と初期邦訳の文化社会史的研究』です。

9784759922530.jpg


詳細については、日本児童文学学会学会賞の記録をご覧ください。
http://www.jscl.internet.ne.jp/rekidaigakkaisho.pdf


『発達障害等の子どもの食の困難と発達支援』著者の田部絢子先生が第18回 杉田玄白賞 奨励賞を受賞されました。

第18回 杉田玄白賞 奨励賞を田部絢子先生が受賞されました。
対象となった研究業績は小社刊行の『 発達障害等の子どもの食の困難と発達支援』です。

9784759922790.jpg













杉田玄白賞の詳細につきましては、福井県小浜市のホームページでご覧になれます。
杉田玄白賞


学会出展のお知らせ(日本語学会2019年度秋季大会)

2019年10月26日(土)~27日(日)に東北大学 川内北キャンパスで行われる
「日本語学会2019年度秋季大会」に出展いたします。

ご来場の際には、是非お立ち寄りください。

日本語学会2019年度秋季大会 →→ https://www.jpling.gr.jp/taikai/2019b/

アーカイブ

このページのトップへ