博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

成蹊大学人文叢書16Facets of English

英語英米文学研究の現在

定価:本体 2,000 円+税

成蹊大学文学部英米文学科から「英語英米文学科」への学科改称記念として、研究と教育という2つの現場を日々往還する学科教員の先進的かつ独創的な実践を示すために編まれた論集。英語英米文学研究の最前線を解き明かす。
目次を表示します。

Facets of English―英語英米文学研究の現在―

 序にかえて  日比野啓

人種、あるいはレイシズムの子供
 ―ウィリアム・ウェルズ・ブラウン『クローテル、あるいは大統領
 の娘』における人種・レイシズム・奴隷制―  権田建二 

ドボルザークのアメリカ
 ―新大陸へ渡った音楽家―  下河辺美知子 

起源への回帰と使い回し(リサイクル)
 ―『雨に唄えば』(1952)における寓話的リアリティ―  
 日比野啓

「芸術で戦え!」:コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』論
 ―トランプ時代の人種なき地下鉄道ブームのなかで―  庄司宏子

フローリオのモンテーニュ  正岡和恵

トマス・シャドウェルの戯曲『ランカシャーの魔女たち』
 ―歴史、上演、そして王政復古という文脈― バーナビー・ラルフ

物語と死の欲動をめぐる断章
 ―反復、クイア、転移―  遠藤不比人

ポストアウシュヴィッツ文学の可能性
 ―修辞がつなぐホロコースト、植民地主義、ヨーロッパの日本人
 留学生―  小林英里 

評言節の歴史語用論的考察
 ―イギリス15世紀書簡から19世紀小説まで―  田辺春美

派生語と非派生語に見られる完全中和と不完全中和  平山真奈美 

社会人に「売れる」英語と英語学習をめぐるディスコース
 ―ビジネス雑誌の特集記事から―  森住史
著者成蹊大学文学部学会 編/日比野啓 責任編集
発行年月日2019年03月29日
頁数368頁
判型 四六
ISBNコード978-4-7599-2282-0