博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

新版K式発達検査の精密化に関する発達心理学的研究

定価:本体 6,500 円+税

新版K式発達検査の改訂版を作成することを念頭に置き、乳幼児期の子どもを対象とした検査内容に焦点を当て検討。既存の検査項目の内容を時代に合わせて修正し、新しい検査項目を追加することによって検査の精密化を目指す。

【著者略歴】
大谷 多加志(おおたに たかし)

1978年8月 兵庫県に生まれる
2001年3月 神戸学院大学人文学部人間文化学科卒業
2003年3月 神戸学院大学大学院人間文化学研究科博士前期課程修了
2003年4月 社会福祉法人京都国際社会福祉協力会京都国際社会福祉センター発達研究所研究員(現在に至る;児童発達支援事業所のぞみ親子相談室相談員を兼務)
2018年3月 神戸学院大学大学院人間文化学研究科博士後期課程修了 博士(人間文化学)

専攻 発達心理学
目次を表示します。
第Ⅰ部 本研究の目的と意義
第1章 序論
 第1節 はじめに
 第2節 本書の構成
第2章 発達評価に関する研究
 第1節 発達評価法に関する先行研究
 第2節 新版K式発達検査に関する先行研究
第3章 本研究の目的
 第1節 本研究における検討事項
 第2節 先行研究における課題と本研究の目的
第Ⅱ部 新版K式発達検査の精密化に関する発達心理学的研究
第4章 既存の検査項目に関する検討
 第1節 「語の定義」の下位項目の適切性(研究1)
 第2節 「名詞列挙」の下位項目の適切性(研究2)
第5章 新しい検査項目に関する検討
 第1節 発達評価におけるふり遊び課題および物の手渡し課題の有用性(研究3)
 第2節 発達評価におけるじゃんけん課題の有用性(研究4)
 第3節 発達評価における絵並べ課題の有用性(研究5)
第Ⅲ部 本研究の成果と意義
第6章 各研究のまとめと研究結果に基づく発達評価モデル
 第1節 各研究のまとめと研究結果
 第2節 乳幼児期における発達評価モデルの提案
第7章 発達アセスメントにおける新版K式発達検査の役割と今後の課題
 第1節 知的発達水準の評価と発達特性の評価
 第2節 今後の課題

引用文献
補記
謝辞
著者大谷多加志 著
発行年月日2019年11月30日
頁数178頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2302-5