博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

音楽的活動における保育者の発信的・応答的能力の向上

クリニカル・ミュージシャンシップ援用の可能性

定価:本体 7,500 円+税

本書は、保育者の音楽性について創造的音楽療法のクリニカル・ミュージシャンシップを援用し再考する。保育者の発信的・応答的能力を音楽的側面から検討した書。

【著者略歴】
田﨑 教子(たさき のりこ)

1990年 武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業
1992年 武蔵野音楽大学大学院音楽研究科音楽教育専攻修了
2015年 東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽教育)博士課程
     修了
     博士(学術)
現 在 帝京大学教育学部初等教育学科 准教授
目次を表示します。
序章
 第1節 研究の目的
 第2節 研究の背景
 第3節 先行研究の検討
 第4節 研究の範囲と対象
  1.研究対象
  2.保育における音楽的活動の範囲
  3.保育者の音楽的活動における発信的・応答的能力の範囲
  4.援用する音楽療法のモデル
  5.用語の定義
 第5節 研究の内容と方法
  1.論文の構成と内容
  2.研究の方法
第1章 音楽的表現を支える保育者の実態
 第1節 保育者の専門性
 第2節 「表現」における音楽的表現の位置づけと保育者の役割
  1.「表現」における音楽的表現の位置づけ
  2. 音楽的表現の捉え方と保育者の役割
 第3節 質問紙調査による保育者の実態
  1.はじめに
  2.調査の目的
  3.調査の内容と方法
  4.調査の結果
  5.考察
第2章 クリニカル・ミュージシャンシップ援用に向けての枠組み
 第1節 「想像的音楽療法」における「ミュージック・チャイルド」の概念
  1.「創造的音楽療法」の位置づけ
  2.「創造的音楽療法」における中核的概念
 第2節 ポール・ノードフの音楽観と「クリニカル・ミュージシャンシップ」
  1.ポール・ノードフの音楽観―『癒しの遺産(Healing Heritage)』より探る―
  2.「クリニカル・ミュージシャンシップ」の諸相
 第3節 セラピストが保育の場で実践する「音楽表現活動」の検討
  1.事例分析の目的
  2.事例の概要
  3.事例の分析
  4.考察
  5.まとめ
 第4節 クリニカル・ミュージシャンシップ援用に向けての枠組みの構築
  1.保育における子どもの捉え方との関連
  2.保育における音楽の捉え方との関連
  3.保育者に必要な音楽性
第3章 保育者養成校における音楽性育成の可能性
 第1節 保育者養成校における実践研究の背景
  1.保育者養成校におけるカリキュラム
  2.保育者養成校の学生の実態
 第2節 即興性を重視した授業事例
  1.授業分析の目的
  2.授業概要と分析方法
  3.結果と考察
  4.まとめ
 第3節 音による描写性を重視した授業事例
  1.授業事例に関する背景
  2.授業分析の目的
  3.授業概要と分析方法
  4.結果
  5.考察
  6.まとめ
 第4節 養成段階における音楽性の育成
  1.主観的に捉える体験
  2.客観的に捉える体験
  3.保育者養成校における音楽性育成の展望
終章 総括的考察と今後の課題
 第1節 総括的考察
 第2節 結論
 第3節 今後の課題

引用・参考文献
資料
初出一覧
謝辞
  
著者田﨑教子 著
発行年月日2019年12月25日
頁数310頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2311-7