博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

ジャック=ダルクローズの教育観の発展

新教育思潮におけるリトミック

定価: 6,050 (本体 5,500 円+税)

身体運動を活用した音楽教育法「リトミック」を創案したジャック=ダルクローズ。本書は、J=ダルクローズの教育観が芸術家のための「音楽への教育」から、子どもの視点に立った「音楽による教育」へと発展した経緯を考察する。

【著者略歴】
細川 匡美(ほそかわ まさみ)
1984年 国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業
    学士(芸術)
2015年 明星大学通信教育課程大学院人文学研究科教育学専攻修了
    修士(教育学)
2018年 明星大学通信教育課程大学院教育学研究科教育学専攻修了
    博士(教育学)
現 在 小田原短期大学保育学科通信教育課程講師
    立正大学社会福祉学部非常勤講師  
    明星大学教育学部非常勤講師
    リトミック研究センター埼玉第一支局講師  
目次を表示します。
はじめに

序章 本研究の課題設定
 1.研究の課題と構成
 2.先行研究について(既存の研究と本研究の位置づけ)

第1章 ルソー研究所とジャック=ダルクローズの教育法
 第1節 ルソー研究所について
  1.本章の課題と背景
  2.ルソー研究所の創立と理念
  3.ルソー研究所付属「メゾン・デ・プチ(子どもの家)」
  4.ルソー研究所における子どもの教育観
 第2節 J=ダルクローズ研究所とルソー研究所
  1.J=ダルクローズ研究所の設立
  2.J=ダルクローズの「ルソー研究所」に関する見解
  3.ルソー研究所とJ=ダルクローズ研究所との関係
 第3節 J=ダルクローズに対するルソー研究所の教師の見解
  1.身体運動の教師、イェンツェルの見解
  2.障がい児教育の研究者、デクドールの見解
  3.フェリエールとJ=ダルクローズとの関係
  4.クラパレードの見解
 第4節 まとめ

第2章 クラパレードから与えられたジャック=ダルクローズの教育に関する示唆について:学会活動と書簡を手掛かりに
 第1節 クラパレードによるJ=ダルクローズへの教育的示唆
  1.本章の課題と背景
  2.クラパレードの教育的示唆によるJ=ダルクローズへの影響
 第2節 クラパレードの「子どもの心理学」とJ=ダルクローズの教育学への導き
 第3節 ジュネーヴ教育学協会での活動
  1.ジュネーヴ教育学協会とJ=ダルクローズ
  2.J=ダルクローズの「リズム体操の講義と実習」
  3.質疑応答からみるJ=ダルクローズの見解
 第4節 クラパレードのJ=ダルクローズに関する見解から探る共同研究の視点
 第5節 J=ダルクローズの教授法にみられるクラパレードの影響
 第6節 J=ダルクローズのリトミックに対する見解の変遷
 第7節 まとめ

第3章 モンテッソーリとJ=ダルクローズの身体運動を活用した音楽教育
 第1節 本章の課題と背景
 第2節 モンテッソーリとJ=ダルクローズの音楽教育
  1.モンテッソーリの音楽教育に関する概要
  2.リトミックに関する概要
  3.モンテッソーリとJ=ダルクローズの音楽教育の比較
 第3節 モンテッソーリとJ=ダルクローズの教育理念
  1.モンテッソーリの教育理念
  2.J=ダルクローズの教育理念
  3.モンテッソーリとJ=ダルクローズの教育理念の比較
 第4節 モンテッソーリとJ=ダルクローズの接点
  1.ジュネーヴ、ルソー研究所を介した接点
  2.両者の音楽教育の接点
 第5節 モンテッソーリのJ=ダルクローズ教育法に関する見解
  1.『モンテッソーリ・メソード』における見解
  2.『初等学校における自己教育』における見解
  3.J=ダルクローズの著述にみられるモンテッソーリ教育
  4.BÖhm編集によるモンテッソーリ「論文集」における見解
 第6節 まとめ

第4章 ベルギーにおけるリトミック受容と展開:ドクロリー・メソードとの関係を中心に
 第1節 ドクロリーについて
  1.本章の課題と背景
 第2節 リトミックとドクロリー・メソードの関係
  1.ドクロリーについて
  2.ドクロリー・メソードとリトミックの関係
  3.ドクロリーの協力者、アマイドについて
 第3節 ドクロリーのリトミックに対する見解
  1.ドクロリー学校におけるリトミック
 第4節 リトミックとドクロリー・メソードの影響と展開
  1.ドクロリーに関するJ=ダルクローズの記述
  2.アマイドの新学校とリトミック
 第5節 ベルギーにおけるリトミック教育の発展
 第6節 まとめ

第5章 ジャック=ダルクローズの教育理念に関する研究:新教育連盟における活動を通して
 第1節 新教育連盟の成立と『新時代』誌の創刊
 第2節 『新時代』誌に関わった教育者たちとJ=ダルクローズ
  1.エンソアについて
  2.ロッテンとニイルについて
  3.フェリエールについて
 第3節 J=ダルクローズの新教育連盟における活動
 第4節 まとめ

終章 本研究の結論
 1.本研究のまとめ
 2.J=ダルクローズの音楽教育観再考
 3.今後の課題

主要参考文献一覧
おわりに
著者細川匡美 著
発行年月日2021年03月15日
頁数178頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2367-4