博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

発達検査課題の認知的要因の分析

他者認識の観点から

定価: 5,500 (本体 5,000 円+税)

発達検査課題における「他者」に着目し、「対面の他者」「明示されている第三者」「不特定多数の一般的他者」の三つの水準に関わる実証的検討をおこなった。

著者略歴
清水 里美(しみず さとみ)

関西大学大学院総合情報学研究科博士課程修了。博士(情報学)。
平安女学院大学短期大学部教授。専門は、発達臨床心理学。

主な著書に、『新版K式発達検査2020 解説書』(著者代表)(京都国際社会福祉センター 2021年)、『保育や教育の現場におけるMSPA活用のアイディア』(「MSPA(発達障害の要支援度評価尺度)の理解と活用」pp. 76-83 勁草書房 2018年)、『日本総合病院精神医学会治療指針7 子どものこころの診療ハンドブック』日本総合病院精神医学会児童・青年期委員会(企画・編集)(「第7章 ~教育機関と上手につながる~教師・スクールカウンセラーとの連携」pp. 59-67 共著 星和書店 2016年)など。
また、訳書に、Gelso, C. J., & Fretz, B. R. 著『カウンセリング心理学』(ブレーン出版 2007年)、Taylor, E. 著『落ちつきのない子ども―多動児をもつ親のためのガイド―』(共訳 メディカ出版 1991年)などがある。
目次を表示します。

ただいま準備中です。
著者清水里美 著
発行年月日2021年03月31日
頁数136頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2376-6