博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 近刊一覧

日本数学教育史研究 上巻

定価: 22,000 (本体 20,000 円+税)

本書は、幕末・明治期から昭和30年代までの約90年間にわたる我が国の初等中等数学教育の歴史を総合的に論述した学術書の「上巻」。「第Ⅰ部 草創期の数学教育」、「第Ⅱ部 盛創期の数学教育」から成る。

【著者紹介】
上垣 渉(うえがき わたる)

1948年 兵庫県生まれ
1972年 東京学芸大学大学院修士課程修了
現在 三重大学名誉教授 全国珠算教育連盟学術顧問
(数学教育協議会副委員長、三重大学教育学部長、日本数学教育史
学会会長を歴任)

主な著書
『日本数学教育史』(編著、発行/亀書房、発売/日本評論社、2010年)
『数と図形の歴史70話』(共著、日本評論社、2010年)
『中学校 和算でつくるおもしろ数学授業』(編著、明治図書、2013年)
『『尋常小学算術』と多田北烏』(共著、風間書房、2014年)
『数学史の視点から分析する中学校数学重要教材研究事典』[数と式編、図形編](単著、明治図書、2014年)
『はじめて読む数学の歴史』(単著、角川ソフィア文庫、2016年)
目次を表示します。

ただいま準備中です。
著者上垣渉 著
発行年月日2021年10月31日
頁数920頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2406-0