博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

心理臨床家の動機とキャリア体験との関連

定価: 9,350 (本体 8,500 円+税)

心理臨床家を志す動機は何なのか。そして臨床実践のプロセスやキャリアとどのようにむすびつくのか。臨床実践や職業的発達に重要なエッセンスを提案した。

【著者略歴】
上野 まどか(うえの まどか)

2005年 和光大学人間関係学部卒業
2007年 明治学院大学大学院心理学研究科修士課程修了
2013年 明治学院大学大学院心理学研究科博士後期課程修了
    博士(心理学)
現在、明治学院大学心理学部非常勤講師 心理演習/ 臨床心理実習A 担当、和光大学非常勤講師 教職課程 教育心理学1 担当
目次を表示します。

はじめに

第1章 先行研究の概観と問題点
 第1節 心理臨床家の志望動機
  1.1.1 心理臨床家の志望動機に関する経験的論考
  1.1.2 心理臨床家の志望動機に関する実証的研究
  1.1.3 第1節のまとめ
 第2節 心理臨床活動動機
  1.2.1 心理臨床活動動機に関する経験的論考
  1.2.2 心理臨床活動動機に関する実証的研究
  1.2.3 第2節のまとめ
 第3節 心理臨床家の動機とキャリア体験との関連
  1.3.1 心理臨床家の動機と関連がみられるキャリア体験
  1.3.2 心理臨床家の動機と職業的困難との関連
  1.3.3 心理臨床家の動機と職業的満足感との関連
  1.3.4 第3節のまとめ
 第4節 先行研究の問題点

第2章 本書の目的と意義
 第1節 本書の目的
 第2節 本書の意義
 第3節 用語の定義
  2.3.1 「心理臨床活動」および「心理臨床家」の定義
  2.3.2 「クライエント」の定義
  2.3.3 「動機」の定義
  2.3.4 「キャリア体験」の定義
 第4節 本書の構成

第3章 心理臨床家の志望動機の実態
 第1節 問題と目的
 第2節 心理臨床家志望動機尺度の作成(研究1の予備調査)
  3.2.1 方法
  3.2.2 結果
  3.2.3 考察
 第3節 心理臨床家の志望動機の類型と属性との関連(研究1の本調査)
  3.3.1 方法
  3.3.2 結果
  3.3.3 考察
  3.3.4 研究1の限界と課題
 第4節 研究1のまとめ

第4章 「苦悩内省型」の動機とキャリア体験との関連-「消極型」との比較-
 第1節 問題と目的
 第2節 「苦悩内省型」の動機とキャリア体験との関連(研究2)
  4.2.1 方法
  4.2.2 結果
  4.2.3 考察
  4.2.4 研究2のまとめ
 第3節 「消極型」の動機とキャリア体験との関連,および「苦悩内省型」との比較(研究3)
  4.3.1 方法
  4.3.2 結果
  4.3.3 考察
  4.3.4 研究3のまとめ
 第4節 「苦悩内省型」と「消極型」の結果から得られる示唆
  4.4.1 協力者の体験パターンの分析から得られる示唆
  4.3.2 キャリア発達のプロセス

第5章 志望動機の類型におけるキャリア体験についての語りの特徴(研究4)
 第1節 問題と目的
 第2節 方法
  5.2.1 調査協力者
  5.2.2 調査手続き
  5.2.3 倫理的配慮
  5.2.4 分析手順
 第3節 結果
  5.3.1 全データと志望動機タイプごとのデータの基本統計量
  5.3.2 志望動機タイプごとの特徴語分析
  5.3.3 対応バブル分析
 第4節 考察
  5.4.1 研究4で明らかになったこと
  5.4.2 研究4の限界と課題
 第5節 研究4のまとめ

第6章 「苦悩内省型」のキャリア体験プロセスに関するケーススタディ(研究5)
 第1節 問題と目的
 第2節 方法
  6.2.1 分析対象
  6.2.2 分析手順
 第3節 結果
  6.3.1 全体と各時期のテキストデータの基本統計量
  6.3.2 各時期の単語頻度解析結果
  6.3.3 対応バブル分析
 第4節 考察
  6.4.1 研究2「苦悩内省型」の分析結果との比較
  6.4.2 心理的過程とターニングポイント
  6.4.3 研究5の限界と課題
 第5節 研究5のまとめ

第7章 総合考察
 第1節 本書のまとめ
  7.1.1 各章のまとめ
  7.1.2 心理臨床家の動機とキャリア体験との関連
 第2節 臨床心理学領域の発展に向けた提言
  7.2.1 職業倫理教育
  7.2.2 自己に対する「継続的で快い熟考」
  7.2.3 心理臨床活動と個人的生活に対する「継続的で快い熟考」
  7.2.4 心理臨床家のセルフケア
 第3節 心理臨床家の動機と,専門家のキャリアを検討するための方法論的提言
 第4節 本研究の限界と課題

引用文献
初出一覧
おわりに
付録
著者上野まどか 著
発行年月日2022年01月31日
頁数334頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2417-6