博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

ゴーチエにおける芸術教育思想の特質

人間形成論的側面に着目して

定価: 9,900 (本体 9,000 円+税)

「芸術至上主義」思想の主唱者とされる作家、批評家ゴーチエを、教育学の視点から捉えた研究。芸術の美によって人間の本性を理想に導くという思想を描き出す。
目次を表示します。
序章
 第1節 問題の所在
 第2節 先行研究の検討
 第3節 研究方法
 第4節 概念の整理

第1部 ゴーチエにおける芸術教育思想の背景
第1章 芸術教育思想の形成過程
 第1節 芸術との出会い―出生から学生時代
 第2節 芸術思想の成立―文学への転向とロマン主義からの乖離
 第3節 芸術教育思想の形成へ―芸術批評の開始と社会との関わり

第2章 芸術教育思想の基盤
 第1節 芸術教育思想の基盤としての芸術観
 第2節 芸術教育思想の基盤としての教育観

第2部 ゴーチエにおける芸術教育思想の特質
第3章 「芸術を手段とする教育」に関する思想
 第1節 「芸術を手段とする教育」に関する思想の背景
 第2節 「芸術のための芸術」宣言としての『モーパン嬢』序文にみる思想の特徴
 第3節 「アングル評」及び「ホガース評」にみる教訓的な芸術への批判
 第4節 「ボードレール評」にみる偽善への批判

第4章 「芸術の教育」に関する思想
 第1節 「芸術の教育」に関する思想の背景
 第2節 『家庭博物館』誌への寄稿作品にみる家庭における芸術の教育の達成
 第3節 寄稿作品「少女の枕」にみる芸術性の担保

第5章 「芸術の教化作用」に関する芸術思想
 第1節 「芸術の教化作用」に関する思想の背景
 第2節 サロン評にみる批評家としての務めの意識
 第3節 応用芸術論にみる芸術の普及の推進
 第4節 『アーティスト』誌にみる芸術への嗜好の涵養

第6章 ゴーチエにおける芸術教育思想の特質
 第1節 芸術教育の三類型に基づくゴーチエの芸術教育思想
 第2節 ゴーチエにおける芸術教育思想の特質

終章 研究の成果と総括
 第1節 研究の成果
 第2節 研究の総括

参考・引用文献一覧
ゴーチエ関連年表
初出一覧
あとがき
事項索引
人名索引
著者川上若奈 著
発行年月日2024年01月20日
頁数384頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2496-1