博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

中国、ベトナム進出日系企業における異文化間コミュニケーション考察

定価:本体 8,500 円+税

中国、ベトナム進出日系企業で働く日本人と中国人・ベトナム人管理職の異文化間コミュニケーション行動についてデータを収集し、認知科学的視点からコミュニケーション摩擦について分析・考察する。

【編者略歴】
西田ひろ子(にしだ ひろこ)
米国ミネソタ大学大学院コミュニケーション研究科博士課程修了。コミュニケーション学博士(Ph.D.)。その後、東京大学大学院社会学研究科(社会心理学専攻)博士課程満了。静岡県立大学国際関係学部教授、福岡女子大学文学部教授、同大学国際文理学部長を歴任。現在、人間コミュニケーション科学研究所長。専門は異文化間コミュニケーション学。

【著者略歴】(50音順)
小川直人(おがわ なおと)
2007年米国オクラホマ大学大学院コミュニケーション学研究科博士課程修了。コミュニケーション学博士(Ph.D.)。関西大学人間活動理論研究センター特別任用研究員や福岡国際大学国際コミュニケーション学部准教授を経て、現在日本大学国際関係学部准教授。日本比較生活文化学会理事兼事務局長。専門は異文化間コミュニケーション及び対人コミュニケーション、並びに文化間比較研究の方法論。

香川奈緒美(かがわ なおみ)
2008年米国ミネソタ大学大学院コミュニケーション研究科博士課程修了。コミュニケーション学博士(Ph.D.)。米国テキサス大学コミュニケーション学部で准教授を務めた後、現在、島根大学教育学部准教授。専門は、対人・家族間・異文化間コミュニケーション学。特に、身近な他者とのコミュニケーションが子どもたちの学びの質や方法に及ぼす影響を研究。

佐々木由美(ささき ゆみ)
2003年人文科学博士号(Communication Studies)取得(お茶の水女子大学大学院人間文化研究科)。専門は異文化コミュニケーション学。近年は、文化と情動に関する研究に取り組む。現在、慶應義塾大学経済学部教授。

土居繭子(どい まゆこ)
2004年静岡県立大学国際関係学研究科修士課程修了。国際関係学修士。台湾何嘉仁国際教育学院日語課、中国大連外国語大学で日本語講師を務めた後、現在、静岡産業大学情報学部日本語リテラシー研究センター研究員及び日本語講師。

NGUYEN THI BICH HA(グェン・ティ・ビック・ハー)
2001年3月ベトナムのハノイ国家大学人文社会大学言語文学研究科博士課程修了。言語学博士。1997年よりハノイ貿易大学日本語学部長を経て、2005年国家教授委員会に準教授を承認され、2010年4月―2011年名古屋大学大学院経済学研究科付属国際経済政策研究センター客員教授、2011年4月よりハノイ貿易大学日本語学部言語学課長を務めている。

藤原 弘(ふじわら ひろし)
1970年関西大学法学部法律学科卒業。同年日本貿易振興会(JETRO)に入社し、ロンドン、香港、大連に駐在。ジェトロ勤務期間中は日中経済協会、(財)交流協会にも出向し、中国経済、産業調査、日中経済関係支援活動、日台ビジネスアライアンスの促進活動に従事。さらにNPO法人アジア起業家村推進機構アジアテクノセンター、特定非営利法人(NPO法人)アジアITビジネス研究会理事長、アジア企業経営研究会会長。
※データは刊行当時のものです※
目次を表示します。
はじめに
第1部 調査の基盤となる考え方、調査方法、調査項目
 第1章 異文化間コミュニケーションとは
 第2章 調査概要
 第3章 異文化間コミュニケーション調査:認知摩擦・情動摩擦のデータ収集法
 第4章 調査に用いた質問項目
第2部 中国の日系企業とベトナムの日系企業
 第5章 中国の日系企業
 第6章 ベトナムの日系企業
第3部 認知摩擦調査概要と調査結果
 第7章 中国における認知摩擦調査概要:協力企業数、回答者数、データの信頼性・妥当性検証
 第8章 ベトナムにおける認知摩擦調査概要:協力企業数、回答者数、データの信頼性・妥当性検証
 第9章 中国進出日系企業で働く中国人と日本人の認知傾向
 第10章 中国進出日系企業で働く中国人と日本人の間の認知摩擦
 第11章 ベトナム進出日系企業で働くベトナム人と日本人の間の認知傾向
 第12章 ベトナム進出日系企業で働くベトナム人と日本人の間の認知摩擦
第4部 情動摩擦調査結果
 第13章 中国・ベトナム進出日系企業における情動摩擦調査概要
 第14章 中国進出日系企業で働く中国人が感じていた情動摩擦
 第15章 中国進出日系企業で働く日本人が感じていた情動摩擦
 第16章 ベトナム進出日系企業で働くベトナム人が感じていた情動摩擦
 第17章 ベトナム進出日系企業で働く日本人が感じていた情動摩擦
 第18章 認知摩擦と情動摩擦のまとめ
第5部 イメージ調査結果
 第19章 中国進出日系企業における中国人の日本人に対するイメージ
 第20章 中国進出日系企業における日本人の中国人に対するイメージ
 第21章 ベトナム進出日系企業におけるベトナム人の日本人に対するイメージ
 第22章 ベトナム進出日系企業における日本人のベトナム人に対するイメージ
第6部 言語調査結果
 第23章 中国における日本語教育
 第24章 ベトナムにおける日本語教育
 第25章 中国進出日系企業における言語について(日本語を中心に)
 第26章 ベトナム進出日系企業における言語について(日本語を中心に)
第7部 「後任者へのアドバイス」についての調査結果
 第27章 中国進出日系企業における日本人・中国人後任者へのアドバイス
 第28章 ベトナム進出日系企業における日本人後任者へのアドバイス
 第29章 ベトナム進出日系企業におけるベトナム人後任者へのアドバイス
おわりに

付録Ⅰ 中国における認知摩擦調査の信頼性検証(スピアマン順位相関係数)資料
付録Ⅱ ベトナムにおける認知摩擦調査の信頼性検証(スピアマン順位相関係数)資料
著者西田ひろ子 編著
発行年月日2016年06月30日
頁数818頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2138-0

関連書籍


ブラジル人生徒と日本人教員の異文化間コミュニケーション

西田ひろ子 編著

定価:本体 2,800 円+税


グローバル社会における異文化間コミュニケーション

西田ひろ子 編著

定価:本体 3,500 円+税


異文化間コミュニケーションにおける相互作用管理方略

佐々木由美 著

定価:本体 14,000 円+税