博士論文・心理学・教育学など書籍・学術出版社|(株)風間書房

  • 新刊一覧

教員自主研修法制の展開と改革への展望

行政解釈・学説・判例・運動の対立・交錯の歴史からの考察

定価:本体 11,500 円+税

前著『戦後日本教員研修制度成立過程の研究』を基盤に、戦後自主研修法制の展開を歴史的・原理的・総合的に考察。「学び続ける教員像」実現のための著者渾身の提言。

【著者略歴】
久保富三夫(くぼ ふみお)
1949年 兵庫県生まれ
1973年 京都大学経済学部卒業後、株式会社神戸製鋼所神戸製鉄所勤務を経て、
1976年 神戸市立高校教諭(兵庫商業高校、神戸商業高校、楠高校)
2004年 立命館大学教職教育推進機構教授
2008年 和歌山大学教育学部教授
2015年 帝塚山学院大学人間科学部教授  和歌山大学名誉教授
2017年 立命館大学大学院教職研究科教授 
1994年 神戸大学大学院教育学研究科修士課程修了。修士(教育学)
2002年 同大学院総合人間科学研究科博士後期課程修了。博士(学術)

主要著書・論文
・『戦後日本教員研修制度成立過程の研究』 風間書房、2005年
・「教育公務員特例法成立過程における長期研修制度構想の原理から見る制度改革の展望」(『教育学研究』第71巻第₄号、日本教育学会、2004年12月、68~79頁)
・「教員研修に関わる教育法学説の検討課題―90年代以降の判例・行政解釈等からの考察―」(『日本教育法学会年報』第36号、有斐閣、2007年3月、189~198頁)
・「免許更新制と現職研修改革」(『日本教師教育学会年報』第16号、学事出版、 2007年9月、25~32頁)
・「『学び続ける教員像』への期待と危惧―自主的・主体的研修活性化のための 必須課題」(『日本教師教育学会年報』第22号、学事出版、2013年9月、40~49頁)
目次を表示します。

ただいま準備中です
著者久保富三夫 著
発行年月日2017年11月30日
頁数460頁
判型 A5
ISBNコード978-4-7599-2192-2

関連書籍


戦後日本教員研修制度成立過程の研究

久保富三夫 著

定価:本体 15,000 円+税


戦後日本教員養成の歴史的研究

土屋基規 著

定価:本体 14,000 円+税


戦後日本教員養成史研究

山田昇 著

定価:本体 13,000 円+税